アナトミーBLOG
GoogleアナリティクスやGoogleタグマネージャーを使ったサイト分析のノウハウを公開しています

Googleアナリティクスの登録・設置方法【初心者向け】


こんにちは、アクセス解析ツール「アナトミー」開発チームの内村です。

今回の記事ではアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」の登録・設定方法を解説します。

Googleアナリティクスは無料で利用できるうえ高機能なツールなので、これからアクセス解析を始めようとしている人におすすめです。初心者の方でも分かりやすく説明しているので、是非Googleアナリティクスを導入してアクセス解析を始めてみて下さい!

Googleアナリティクスとは

Googleアナリティクスとは、Googleが無料で提供するアクセス解析ツールのことです。無料で使えるツールですがとても高機能でアクセス解析に必要な機能が網羅されており、使いこなすことができればこれ以上のツールはないでしょう。

Googleアナリティクスでできることについては、以下の記事を参考にしてください。

Googleアナリティクスの登録手順

それでは早速、Googleアナリティクスを登録していきましょう。

Googleアナリティクスのサイトにアクセスし、[無料で設定]ボタンをクリックします。

GoogleアナリティクスTOPページ

Googleアカウントでログインしていない場合は、ログイン画面が表示されます。Googleアナリティクスで使用するGoogleアカウントでログインしてください。

Googleログイン画面

Googleアカウントを持っていない場合は、[アカウント作成]ボタンをクリックして、アカウントを作成してください。

アカウントの設定

次はアナリティクスアカウントの設定画面です。

アカウントの作成:アカウントの設定

以下の項目を入力します。

項目説明
アカウント名現在登録しようとしているアカウントの名前を入力します。
一つのアカウントで複数のサイトを分析できるので、ウェブサイトの名前とは別の名前にしましょう。
アカウントのデータ共有設定GoogleアナリティクスのデータをGoogleと共有するか、設定できます。特に事情がなければ、そのままでよいでしょう。

入力できたら、[次へ]をクリックしてください。

測定対象の指定

アカウントの作成:測定対象の指定

ここでは「ウェブ」を選択して、[次へ]をクリックしてください。

測定対象は後から変更できないので注意してください。

プロパティの設定

ここでは、分析対象のサイト情報を入力します。

アカウントの作成:プロパティの設定

以下の項目を入力します。

項目説明
ウェブサイトの名前分析対象とするサイトの名前を入力します。
ウェブサイトのURL分析対象とするサイトのドメインを入力します。
(例)blog.siteanatomy.com
SSL化している場合は、「https://」を選択しましょう。
業種ウェブサイトの業種を選択します。業種によってコンバージョン設定のプリセットが変わるので、正しく設定しましょう。
レポートのタイムゾーンタイムゾーンを選択します。「日本」を選択します。

[作成]ボタンをクリックすると利用規約が表示されます。利用規約に同意するとGoogleアナリティクスの登録が完了です。

Googleアナリティクス アカウントやプロパティについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

Googleアナリティクスのトラッキングコードを設置する

次に、Googleアナリティクスで計測を行うためのトラッキングコードをWebページに設置します。

ここでは、HTMLを直接編集して設置する場合と、WordPressに設置する場合の2通りの方法を説明します。

HTMLを編集して設置する場合

Googleアナリティクスの登録完了画面に、トラッキングコードが表示されます。

トラッキングコード

「グローバル サイトタグ(gtag.js)」に表示されているコードをすべてコピーします。次にWebページのHTMLを開き、headタグ内にトラッキングコードをペーストします。

<html>
<head>
  <title>xxxxxxx</title>

<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-123456789-1"></script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
  gtag('js', new Date());

  gtag('config', 'UA-123456789-1');
</script>

</head>

計測対象にするページ全てに、トラッキングコードを埋め込んでください。

トラッキングコードの内容は、サイトによって異なります。かならず、グローバルサイトタグに記載されたトラッキングコードからコピーしてください。

登録完了画面を閉じてしまった場合でも、トラッキングコードを確認できます。Googleアナリティクスのトラッキングコードとは?発行、確認方法を解説 を参照してください。

WordPressに設置する場合

WordPressにトラッキングコードを設置するには、header.phpを編集します。

以下の手順で、トラッキングコードを設置してください。

  1. WordPressの管理画面で [外観]-[テーマエディタ]を選択します。
  2. 「テーマヘッダー (header.php)」を選びます。
  3. <head>タグ直後にトラッキングコードを貼り付けます。  
  4. [ファイルを更新]ボタンをクリックします。

そのほか、WordPressではGoogleアナリティクスの設置に対応したテーマやプラグインもあります。詳しい手順については、以下の記事を参照してください。

Googleアナリティクスの動作確認

Googleアナリティクスの登録と設置が終わったら、動作確認してみましょう。

トラッキングコードを設置したページにブラウザでアクセスした状態で、Googleアナリティクスの「リアルタイム」のページを開きます。

リアルタイムレポート

上記のようにアクセスが計測されていれば、トラッキングコードが正しく設置できたことが確認できます。

なお、「現在0人のアクティブユーザーがサイトを訪問しています」という表示になっているときは、トラッキングコードが正しく設置されているかを見直してみてください。

まとめ

今回の記事ではGoogleアナリティクスの登録・設置方法についてご紹介しました。

冒頭でも述べたように、アクセス解析をするのであればGoogleアナリティクス以上に良いツールはほかにはないでしょう。

しかし、使い方が分かるにはそれなりの時間がかかってしまいます。アクセス解析を始めたいが学習に充てる時間があまりないという方にお勧めしたいのが、弊社が提供しているアクセス解析ツール「アナトミー」です。

「アナトミー」はGoogleアナリティクスを見やすく簡単にするビジュアライズツールで、1か月間のトライアルプランも提供しています。アクセス解析を始めたいけど、Googleアナリティクスが難しいと感じられた方は是非お試しください!

Page Top