Googleアナリティクス(GA4)のPV数とは|定義と確認方法を解説

GA4と連携できるSEO・アクセス解析ツール「アナトミー」開発チームの内村です。

今回はアクセス解析やGoogleアナリティクスの基本的な指標であるPV数(GA4上では表示回数)についてご説明します。

GoogleアナリティクスのPV数についてはオンラインセミナーでも解説しています。アクセス解析の基本、GA・サーチコンソールの基本についても学ぶことができますので、これからアクセス解析を始める方にもおすすめです。

目次

PV数とは

PV数(ページビュー数)とは、ユーザーがWebページを表示した回数のことを表します。GA4では「表示回数」とも呼ばれます。同じページを読み直した場合でも、PV数はカウントされます。

Googleアナリティクスのトラッキングコードを埋め込んだページが読み込まれると、「page_viewイベント」としてGoogleアナリティクスにデータが送信されPV数が増えます。例えばトップページ→ページA→ページBと遷移し閲覧した場合、PV数は3になります。

PV数と表示回数の違い

GA4から新しく増えた指標に「表示回数」というものがあり、PV数と同じ指標として扱う事が多いですが、厳密には2つの指標には違いがあります。

「PV数」はwebサイトのページが読み込まれた回数を表し、「表示回数」は「PV数とスクリーンビュー数」の合算数値です。

スクリーンビューはiOSやAndroid等のアプリの画面を読み込んだ回数のことで、アプリのPV数と考えると分かりやすいと思います。

GA4ではデータストリームを作成することで、WebサイトとiOSやandroid等のアプリを同じプロパティで計測することができます。同じプロパティでWebとアプリを計測している場合は「PV数」と「表示回数」の数値に大きな差が出ることがあるので注意が必要です。

表示されたアプリ画面またはウェブページの総数(レポート管理画面に表示される[ビュー]指標は、ページビューとスクリーンビューの組み合わせです)。同じスクリーンやページが繰り返し表示された場合も集計されます。

[UA→GA4] 指標の比較: Google アナリティクス 4 とユニバーサル アナリティクス ページビュー数

PV数とUU数の違い

UU数(ユニークユーザー数)とはそのページを何人のユーザーが閲覧したかを表しています。GA4では合計ユーザー数(総ユーザー数)という指標名に変わっています。

GoogleアナリティクスにおけるPV数と流入数、UU数の違い

上の画像を例にすると、AさんがページA→ページB→ページCを閲覧して離脱した場合、PV数は「3」になりますが、UU数(ユニークユーザー数)は「1」になります。

PV数とセッション数の違い

セッションとは、検索や広告などの別のサイトからWebサイトに流入してきて、離脱するまでの一連の流れを指します。セッション数とは、この一連の流れの発生回数を表します。

GoogleアナリティクスにおけるPV数と流入数、UU数の違い

上の画像を例にするとPV数が「6」、セッション数は「3」になります。

PV数とユーザー数、セッション数の違いはオンラインセミナーで詳しく解説しています。
アクセス解析の基本的な考え方やよく使う指標についても解説しているので、是非ご参加ください。

Googleアナリティクス・サーチコンソールを学ぶ!はじめてのアクセス解析セミナー

PV数とアクセス数の違い

アクセス数は明確な定義が存在しない言葉ですが、サーバーにアクセスされた回数であることからPV数(ページビュー数)に該当します。アクセス数はPV数と同じと考えてよいでしょう。

PV数と他の基本的な指標の違いについてはオンラインセミナーでも解説しています。指標の意味定義からPV数の分析方法まで解説していますので、これからアクセス解析を始める方におすすめです。

平均PV数とは

平均PV数とはユーザーが一回のセッション当たりに何ページを閲覧したかを表す指標です。

平均PV数は「総PV数÷総セッション数」で求めることができます。

GA4でPV数を確認する方法

GA4でPV数に該当する指標は「表示回数」と「イベントのページビュー(page_view)」の2つです。また、確認する方法も標準レポートとデータ探索レポートの2種類があります。

PV数だけを確認したい場合は、予め項目が設定されている標準レポートがおすすめです。
PV数以外の指標を並べたり、レポートをカスタマイズしたい場合は探索レポートでの確認方法がおすすめです。

標準レポートで「表示回数」を確認する方法

サイト全体の表示回数を確認する

  1. [ レポート > エンゲージメント > 概要 ] をクリック
  2. [ Googleアナリティクスで計測しているサイト全体の合算された表示回数 ] が確認できる
GA4ではレポートのエンゲージメント、「概要」からサイト全体のPV数が確認できる

ページごとの表示回数を確認する

  1. [ レポート > エンゲージメント > ページとスクリーン ] をクリック
  2. [ 各ページの表示回数 ] が確認できる
GA4ではレポートのエンゲージメント、「ページとスクリーン」からサイト全体のPV数が確認できる

厳密にはGA4の「表示回数」にアプリ画面の表示回数も合算されますので、アプリも計測している場合はイベントのpage_viewがサイトのページビュー数となります。

標準レポートで「ページビュー数(イベント)」を確認する方法

  1. [ レポート > ライフサイクル > エンゲージメント > イベント ] をクリック
  2. [ イベント名の page_view ] をクリック
  1. [ サイト全体のページビュー数 ] が確認できる
  1. 画面の下部で[ ページごとのページビュー数 ] が確認できる

探索レポートで「表示回数」を確認する方法

探索レポートで表示回数を確認する方法は下記記事の「ページ別のPV数(表示回数)を表示する」で紹介しています。探索レポートの基本的な使い方についても解説していますので、探索レポートを初めて使う方は是非確認してみてください。

アナトミーでPV数を確認する方法

GA4と連携できるWebサイト分析ツール「アナトミー」では、2つの方法でページごとのPV数が簡単に確認できます。

まずは無料プラン(dashboardプラン)に登録すれば簡単に確認できる方法です。

  1. マイサイトでPVを確認したいサイトの「ダッシュボード」を選択
  2. 「登録URL」をクリック
  3. 確認したい記事の「詳細」をクリック(確認したいページが未登録の場合、URLを新規登録
  4. 推移グラフをマウスオーバーすると過去4週分、1週間のPV数を確認できる

次にstarterプラン以上で見ることができるタイルビューから個々のページのPV
を確認する方法です。

  1. マイサイトでPVを確認したいサイトの「タイルビュー」を選択
  2. 「PV」ボタンをクリック

タイル上に各ページのPV数が表示されます。

さらに特定のページのPV数の推移も確認することができます。

  1. 「5週推移グラフ」のアイコンをクリック
  2. タイルをクリック
  3. 推移グラフをマウスオーバーすると過去5週分、1週間のPV数を確認できる

このように、特定のページのPV数を知りたい場合は「ダッシュボード」で、サイト内にあるページのPV数を全体で見てから、それぞれのページのPV数の詳細を知りたい場合は「タイルビュー」で確認できます。

アナトミーはGA4に対応しているので、GA4のPV数を確認することができます。

アクセス解析セミナーでも詳しく解説

「PV数を上げるには何をしたらいいの?」「PV数が少ないんだけどデータが正しく取れているのかな?」「PV数を分析するポイントは?」といった疑問を解決できるセミナーを開催しています。

PV数アップのための改善例を知りたい方、Googleアナリティクスで正しくPVが分析できるようになりたい方、Googleアナリティクスが初めての方に最適です。

まとめ

キャンペーンの効果があったか、新しく作ったページが見られているかなどが分かるので、PV数はアクセス解析の基本となる重要項目です。でもGoogleアナリティクスでPV数を調べるのはちょっと面倒だという方は、ページごとのPV数がカンタンに分かるツール「アナトミー」をお試しください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次