アナトミーBLOG
GoogleアナリティクスやGoogleタグマネージャーを使ったサイト分析のノウハウを公開しています

Googleアナリティクスの設定方法


こんにちは、アクセス解析ツール「アナトミー」開発チームの内村です。

今回の記事ではアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」の様々な設定方法を解説していきたいと思います。

Googleアナリティクスは、初期設定のままでも利用することはできますが、関係者からのアクセスを除外したり、コンバージョンの到達ページなど、設定が適切にされていないと正しいデータを見ることができません。

この記事では、Googleアナリティクスの基本的な設定から高度な設定まで、一通り紹介していきます。Googleアナリティクスを利用している方は、自分の設定に見落としがないか、チェックしてみてください。

コンバージョン設定

アクセス解析の上ではユーザーに取ってもらいたい行動のことをコンバージョン、または目標といいます。この設定をすることで、Googleアナリティクスのコンバージョンレポートが表示されるようになります。また、アクセス解析をする上で目標として見るべきデータがわかりやすくなります。

なお、コンバージョンは、Googleアナリティクスのビューごとに設定します。

除外に関する設定

関係者からのアクセスを除外する

Googleアナリティクスでは、自分自身や関係者からのアクセスも含まれてしまいます。除外フィルタを設定すると、特定のIPアドレスからのアクセスを除外できるので、本来のアクセスデータが見れるようになります。

スパムからのアクセスを除外する

Googleアナリティクスのデータには、スパムからのアクセスが含まれることがあります。除外フィルタ設定を行い、スパムからのリクエストを除外しておきましょう。

また、スパムリクエストは、参照元/メディアが(direct / none)になる原因の一つです。

ボットを除外する

新しく作成したビューでは、初期設定でボット(クローラー)からのアクセスが除外されます。ただし、過去に作成したビューは、初期設定でボットからのアクセスが許可されていたため、念のためボットの除外設定を無効にしていないか、確認しておきましょう。

[ビューの設定]を開き、[既知のボットやスパイダーからのヒットをすべて除外します] にチェックが入っているかどうかで確認します。

ボットのフィルタリング

URLに関する設定

パラメータ付きURLの設定

Googleアナリティクスでは、パラメータを含めたURLで分析を行います。広告計測などのパラメータがURLに含まれていると、計測されるデータが分散されてしまう可能性があります。正しいデータを見るために必ず設定しましょう。

デフォルトページの設定

「/」と「/index.html」が別々にトラッキングされるのを防ぐには、デフォルトページを設定します。デフォルトページを設定すると、「/index.html」に統一できます。

複数ドメインをまたぐ設定

別ドメインのサイト同士の遷移関係など、統合したデータを見る場合には「クロスドメイントラッキング」と呼ばれる設定が必要です。たとえば、ブログサイトとサービスサイトが別ドメインのときに、クロスドメイントラッキングを行うと、ブログとサービスサイトを合わせて分析できます。

カスタムキャンペーンパラメータ

utm_source, utm_mediumなどのパラメータを追加したURLを用意すると、そのURLから流入したときに、チャネルグループ/参照元/メディアを記録させることができます。ユーザーの流入元をより細かく分析できるようになります。例えばメルマガから流入してきた場合など、ユーザーの流入元をより細かく分析できるようになります。

タイムゾーン

デフォルトではアメリカ時間になっているので、地域を「日本(GMT+09:00)」に変更しましょう。

イベント計測

動画の再生やPDFファイルのダウンロードなどを計測するには、イベントトラッキングの設定が必要です。Googleアナリティクスのイベントレポートで集計データを確認できます。

まとめ

今回の記事ではGoogleアナリティクスの設定についてご紹介しました。

Googleアナリティクスの設定変更は、変更した後のデータにのみ、適用されます。そのため、正しい設定をできるだけ早いタイミングで行うようにしましょう。

Googleアナリティクスの設定が難しいという方は、Googleアナリティクス設定最適化サービスで、設定のチェック・見直しを行ってみてはいかがでしょうか?

アクセス解析ツール「アナトミー」にも、Googleアナリティクス設定チェック機能があります。

Page Top