アナトミーBLOG
GoogleアナリティクスやGoogleタグマネージャーを使ったサイト分析のノウハウを公開しています

Googleアナリティクスのビューとは?ビューの作成方法

Googleアナリティクスのビューは、アクセスデータを整形し、実際に分析を行うための単位です。

この記事ではGoogleアナリティクスのアカウント、プロパティ、ビューの関係性と、Googleアナリティクスで計測をする上で必須となるビューの作成、設定方法について解説していきます。

Googleアナリティクスのビューとは

Googleアナリティクスのビューとは、レポートや分析ツールを利用するための場所です。ビューはプロパティに内包され、プロパティはアカウントに内包されます。これらの関係性は以下の図の通りです。

Googleアナリティクスのアカウント、プロパティ、ビューの関係

Googleアナリティクスのアカウントにプロパティを登録すると、そのプロパティに最初のビューが自動的に作成されます。

プロパティとはユーザーデータが収集される場所です。そのプロパティからデータを収集するためのトラッキングコードが生成されます。

そしてプロパティに紐づくビューは、レポートや分析ツールを利用するための場所です。

特定のビューへのアクセス権を付与されたユーザーは、そのビューのデータに基づくレポートを見ることができます。プロパティには複数のビューを作成することができます。

ビューの単位で設定できる項目は以下の通りです。

  • フィルタの設定
  • 目標の設定
  • デフォルトのページの設定
  • 除外するクエリパラメータの設定

最低限用意すべきビュー

Googleアナリティクスでアクセス解析を行う上で、最低限用意しておいたほうがいいビューが3種類あります。

  • 全てのウェブサイトのデータ
  • フィルタの設定テストを行うビュー
  • 実際に分析を行うビュー

それぞれのビューについて解説します。

全てのウェブサイトのデータ

Googleアナリティクスでプロパティを作成すると、デフォルトで存在するビューです。

このビューは一切フィルタがかかっていない状態のため、生のアクセスデータが確認できます。

ビューのフィルタはフィルタ外のデータを破棄してしまうため、フィルタの設定が誤っていた場合、該当のアクセスデータは失われてしまいます。

そのような場合にデータを参照するため、フィルタの一切かかっていないビューを用意しておきます。

設定テスト用ビュー

前述の通り、ビューのフィルタは設定を間違えると正しいアクセスデータが得られません。

そのため、設定しようとしているフィルタで意図したアクセスデータが得られるか、テストするビューが必要になります。

分析用ビュー

実際に分析を行ったり、レポートを作成するビューです。設定テスト用ビューで動作確認が取れているフィルタを設定していきます。このビューは目的に応じて増えていくこともあります。

ビューの作成方法

Googleアナリティクスのビューは、1プロパティにつき25個作成することができます。

ここでは、ビューの作成方法と、よく追加される設定をご案内します。

ビューの新規作成

Googleアナリティクスにログインし、[管理]をクリック。対象のアカウント・プロパティを選択し、ビューのプルダウンメニューの一番下にある[新しいビューを作成]をクリック

1.Googleアナリティクスにログインし、[管理]をクリックします。

2.対象のアカウント・プロパティを選択し、ビューのプルダウンメニューの一番下にある[新しいビューを作成]をク リックします。

トラッキングするデータは「ウェブサイト」を選択し、レポートビューの名前に任意の名前を入力。レポートのタイムゾーンを[日本]に設定し、[ビューを作成]ボタンをクリック

3.トラッキングするデータは「ウェブサイト」を選択し、レポートビューの名前に任意の名前を入力します。レポートのタイムゾーンを[日本]に設定し、[ビューを作成]ボタンをクリックします。

デフォルトのページを設定する

特別な設定をしていない場合、同じページであってもURL末尾が異なる場合には、別のページとしてデータが記録されていきます。例えば「https://example.com/」と「https://example.com/index.html」のような場合です。

これらのURLのデータを統一して記録する場合には、「デフォルトのページ」を設定します。

「ビューの設定」画面の「デフォルトのページ」に、「index.html」を設定することで、データを統一することができます。

設定する内容については、「index.php」であったり「index.jsp」であったりなど、サイトによって変わるため、設定するべき内容はご自身のサイトを確認ください。

デフォルトのページ設定についてのより詳しい解説は、以下を参照してください。

除外するURLクエリパラメータを設定する

同じ画面、同じURLであっても、付与されているクエリパラメータが異なる場合には別のページとして記録されてしまいます。

クエリパラメータを無視して、同じURLのものは全て同じデータとして扱う場合には、「除外するURLクエリパラメータ」を設定します。

「ビューの設定」画面の「除外するURLクエリパラメータ」に、除外したいクエリパラメータを設定することで、データを統一することができます。

除外するクエリパラメータはカンマで区切って複数設定することができます。クエリパラメータによって画面表示が変わるような場合には、この設定を行うと正しくデータが取得できなくなります。設定するべき内容はご自身のサイトを確認ください。

パラメータを除外して計測を行う方法については、以下の記事でも詳しく説明しています。

目標の設定

Googleアナリティクスの目標はビューごとに設定するため、新しくビューを作成した場合には、目標は一つも設定されていない状態になります。ビューの目的に応じた目標を設定するのを忘れないようにしましょう。

ビューの複製

Googleアナリティクスのビューは、複製することができます。ビューを複製すると、デフォルトページの設定や目標も引き継がれた状態で複製されるので、同じ設定を流用する場合には、ビューを新規作成するのではなく、複製すると便利です。

ビュー作成時の注意点

ビューを新規作成した場合、ビューを作成した日時からアクセスデータが集計されます。過去のアクセスデータは含まれません。

フィルタの設定

ビューに設定するフィルタは用途によって様々です。よく使われるフィルタとその設定方法は、以下を参照してみてください。

Googleアナリティクスのフィルタ設定10選と動作確認方法

Googleアナリティクスのビューについてのまとめ

Googleアナリティクスのビューについて、アカウント、プロパティと合わせて解説しました。

ビューの設定はGoogleアナリティクスでアクセス解析を行ううえで最も重要ですが、設定を誤ると取り返しがつきません。正しい設定ができるように、しっかり覚えておきましょう。

関連記事

Page Top