Anatomy

ANATOMY BLOG

マクロ視点のアクセス解析と品質管理ツール「ANATOMY(アナトミー)」のブログです

2017年9月21日木曜日

【Googleアナリティクス】パラメータ付きURLのPVを合算して集計するには?



広告からの流入先URLやメルマガのリンク先URLに対し、ユーザーを識別するための計測パラメータを付けることがあります。
計測パラメータがあるとユーザー単位の詳細な分析ができるのですが、一方でパラメータ違いのURLが大量に出現してしまうので、ページ単位の分析には邪魔になります。

Googleアナリティクスでは「除外するクエリパラメータ」の設定でこのようなパラメータを無視できますが、今回はビューの設定を変更することなく、パラメータ付きURLを合算する方法をまとめました。

2017年7月13日木曜日

GoogleアナリティクスのURLを解析するとカスタムレポートよりも自由なレポートを作成できる (実践編)



前回は、Googleアナリティクスでは特定のレポートを一発で表示するためのパーマネントURLが決められている、という話をしました。
とはいっても、このパーマネントURLの仕様をどのように利用したらメリットがあるのか、具体的なイメージがわきにくい人もいるのではないかと思います。
そこで今回は、「過去一年分、月別のPV上位ページを新規ユーザー・リピータごとに算出する」という課題を例に、パーマネントURLを使って効率的に作業してみたいと思います。


2017年6月21日水曜日

GoogleアナリティクスのURLを解析するとカスタムレポートよりも自由なレポートを作成できる



Googleアナリティクスのレポートを表示するとき、期間やセグメント・セカンダリディメンジョンなどさまざまな条件を指定します。
しかし、条件を少しずつ変更して様々なレポートを分析するときだったり、複数のビューを同一条件で絞り込んで横断的に調べるときには、同じセグメントやアドバンスフィルタを何度も指定することになってしまいますよね。

今回は、GoogleアナリティクスのパーマネントURLの仕組みを利用して、単純な作業を効率化する方法を紹介します。

2017年6月6日火曜日

アクセス解析の指標を整理しよう!  | アクセス指標の意味まとめ


この連載では、アクセスデータ成立の由来を遡ることで、アクセス解析の基本的な指標の意味を説明してきました。

これまでの記事
■マクロ分析の前に、アクセス解析の基本を整理する
アクセス解析の指標を整理しよう! 指標の由来① | ページビューとは?
アクセス解析の指標を整理しよう! 指標の由来② | ユニークユーザーとは?
アクセス解析の指標を整理しよう! 指標の由来③ | セッションとは?

これまでの解説を簡単な定義と式で、まとめてみます。

指標のまとめ

  1. アクセスがあるとカウントアップする字が、ページビュー数
  2. cookieでアクセスをブラウザ毎にまとめた字が、ユニークユーザー数
  3. ユニークユーザー履歴の有無で区別したのが、新規ユーザー数リピータ―数
  4. ユニークユーザーアクセスを細切れにしたのが、セッション数(訪問数)。
  5. セッション(訪問)の開始終了から、閲覧開始数離脱数直帰数
  6. ページビューをセッション数で割ったものが、回遊率(ページ/セッション)。
  7. ページビューにおける離脱数の割合が、離脱率
  8. 閲覧開始数における直帰数の割合が、直帰率

2017年6月1日木曜日

アクセス解析の指標を整理しよう! 指標の由来③ | セッションとは?


この連載では、アクセスデータ成立の由来を遡ることで、アクセス解析の基本的な指標の意味を理解していきます。

これまでの記事では、ページビューの成り立ちから、ユニークユーザーという概念の発生を見てきました。

指標の由来① | はじめにページビューありき

今回取り扱う「セッション」は混乱させがち(?)なデータですが、「ページビュー」⇒「ユニークユーザー」というデータの成り立ちから捉えると、理解しやすくなります。

2017年5月25日木曜日

実践!マクロ分析中継 | TOPページの直帰改善④&ブログの離脱改善①。

改善策実る。直帰率が70%⇒58%に。(5/18(木) 11:00)

東京ビックサイトにおける展示会「WebマーケティングEXPO(5/10-12)」も終わり、漸く前回の改善策を検証できる時がやってきました。

2017年5月22日月曜日

アクセス解析の指標を整理しよう! 指標の由来② | ユニークユーザーとは?


この記事では、アクセスデータ成立の由来を遡ることで、アクセス解析の基本的な指標の意味を理解していきます。
ページビューやセッション、ユニークユーザー、離脱率、訪問回数など、様々な指標に混乱してしまわないよう、今一度整理してみます。

前回の記事では、「はじめにページビューありき」と題してページビューの成り立ちについて説明しました。