Anatomy

ANATOMY BLOG

Googleアナリティクスを「見える化」するアクセス解析ツール「ANATOMY(アナトミー)」のブログです

2018年11月2日金曜日

パラメータ違いの同一ページをまとめて計測する方法 | Googleアナリティクス

Googleアナリティクスではパラメータの値によって、同一のページが別々に計測されてしまうことがよくあります。
時には数百ものページに分かれてしまうことがあり、そうなるとアクセス解析どころではなくなってしまいます。

この記事では、
1. パラメータ違いの同一ページをまとめて計測する方法
2. パラメータ除外の設定例
を紹介します。

1. パラメータ違いの同一ページをまとめて計測する方法

Googleアナリティクスで以下のように計測されていませんか…?


パラメータによって、同一のページのURLが分かれて集計されてしまっています。
この状態を脱するためには、Googleアナリティクスでビューの設定が必要になります。

パラメータ違いのURLをまとめて計測するための設定は、以下の手順で行います。

手順

1.  メニュー左下の「管理」アイコンをクリック

2. 「ビューの設定」を選択

3. 「除外するURLクエリパラメータ」に除外するパラメータを指定

4. 「保存」をクリックして保存



2. URLクエリパラメータ除外の設定例

では、実際にパラメータ除外を設定してみましょう。
例として、冒頭にも登場した次のURLを使用します。

設定例

https://blog.siteanatomy.com/example.html?from=email&uid=1123

このURLには、流入元を表す「from」というパラメータと、ユーザーを識別する「uid」というパラメータが使用されています。
まずは、すべてのパラメータを除外してみます。

計測結果


「from」と「uid」両方のパラメータが除外され、このページのページビュー数の合計が正確に計測されました。

また、一部のパラメータだけを除外することも可能です。

設定例

計測結果

「uid」だけを除外することができました。
どの流入元から何PVのアクセスがあったのか、一目で分かります。

このように、計測の目的に合わせてパラメータを柔軟に統一させることで、分析がしやすくなります。

なお、Googleアナリティクスでは、既に計測されたデータに対して設定の変更を適用させることはできないため、なるべく早く適切な設定をすることが重要です。

まとめ

今回は、パラメータ違いのURLをまとめて計測する方法を紹介しました。

URLクエリパラメータデフォルトページ等によって散逸したページをまとめて集計することで、分析の手間は格段に省けます。
しかし、Googleアナリティクスの設定は複雑で難しいことが多く、設定内容が正しいか確認するのもまた一苦労です…。

シンメトリックでは、あなたのサイトのGoogleアナリティクスの設定を16項目チェックし、さらに正しい設定にするためのアドバイスをいたします。
Googleアナリティクスの設定がよくわからない、正しく設定できているか自信がない、といったお悩みがあれば、ぜひ「Googleアナリティクス設定チェックサービス」をご利用ください!

Googleアナリティクス設定チェックサービスはこちら
https://siteanatomy.com/lp/g/01.html

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...