Anatomy

ANATOMY BLOG

マクロ視点のアクセス解析と品質管理ツール「ANATOMY(アナトミー)」のブログです

2017年10月23日月曜日

ページ毎にSearch Consoleの検索キーワードを調べるには?

Search Consoleは、Google検索で入力されたキーワードを把握できる非常に強力なツールです。
Googleアナリティクスと連携すると、Googleアナリティクスからキーワードを閲覧することもできます。

しかしながら、サイト全体ではなく、ブログ記事単位(ページ単位)で検索キーワードを調べたい場合にはひと手間必要です。

今回は、ページ単位でSearch Consoleの検索キーワードを調べる方法をまとめました。

Search ConsoleでURLを絞り込む

Search ConsoleにはURLを絞り込む機能があります。
そこで次の手順に従い、URLを絞り込みます。
  1. [ページ]をクリックします。
  2. ページ一覧から絞り込みたいページを選び、クリックします。
  3. [クエリ]をクリックします。
これで、該当ページがGoogle検索結果に表示されたり、クリックされたりしたときのキーワードを確認できます。

他のページの検索キーワードを調べる場合は、Backボタンで2つ前のページまで戻り、上記操作を繰り返します。

なお、URLを直接入力することでページを絞り込むこともできますが、ブログ記事のURLは長かったり無機質な数字だったりするので、一覧から選択するのが間違いがないでしょう。

最も簡単な方法ではあるのですが、複数ページの検索キーワードを一覧表示することができないのが欠点です。

Search Analytics for Sheetsアドオンでスプレッドシートに出力する

GoogleスプレッドシートのアドオンSearch Analytics for Sheetsを使うと、Search Consoleのデータをエクスポートできます。


検索キーワード・日付・URLといった項目毎に、クリック数や順位といった指標を出力できます。
キーワードを自分で集計したり、別システムと連携するような目的に向いています。


アナトミーで複数ページの検索キーワードを調べる

GoogleアナリティクスとSearch Consoleに対応したサイト分析ツールアナトミーを使うと、複数ページの検索キーワード・クリック数を短時間で把握できます。

以下は、あるブログ記事の検索キーワードです。


マウス位置を移動するか、キーボードの矢印キーを押すと、他のページの検索キーワードを確認できます。

また、▶をクリックすると、関連する検索キーワード(Google Suggest)が表示されます。
ニッチなキーワードや意外なキーワードを見つけることができるかもしれません。


ご自身のサイトのSEO強化にぜひツールを活用してみてください。

アナトミーを使ってみる(無料)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...