アナトミーBLOG
GoogleアナリティクスやGoogleタグマネージャーを使ったサイト分析のノウハウを公開しています

【2022年版】Googleアナリティクス4(GA4)とサーチコンソールの連携方法

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを連携すると、GAで統合した情報を分析することができるようになります。この記事では、Googleアナリティクス4とサーチコンソールの連携方法や、連携できない場合のチェックポイントについてご説明します。

Googleアナリティクスとサーチコンソールの連携のメリット

GoogleアナリティクスはWebサイト・アプリのアクセスを分析するツール、GoogleサーチコンソールはWebサイトのGoogle検索経由の集客を分析するツールです。Webサイトでは集客からランディング、遷移、CVに至るまでの分析が重要なため、Webサイトの分析には両ツールが欠かせません。

そこで活用したいのが、GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールの連携です。

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを連携すると、Googleアナリティクス上でGoogleサーチコンソールのデータを確認することができるようになります。例えば、「Googleアナリティクスで各チャネルの集客状況を確認する」⇒「自然検索についてキーワード・ページを深堀りする」といった分析が、Googleアナリティクス上のみでできるようになります。Google データポータル等のツールを利用すれば同じことができますが、より少ない手間で実現することができます。

Googleアナリティクス4(GA4)とサーチコンソールの連携方法

まず、Googleアナリティクス4とサーチコンソールの連携方法をご説明します。

  1. Googleアナリティクス4の左側メニューから、「管理 > Search Consoleのリンク」を選択します。
  2. リンク」をクリックします。複数のサーチコンソールを連携することはできないため、連携済みのサーチコンソールがある場合は「リンク」はクリックできません。
  3. 画面の操作に従い、連携する「Search Console プロパティ」「ウェブストリーム」を順に選択します。
  4. 最後に「送信」をクリックすると、連携設定が完了します。
「管理 > Search Consoleのリンク」を選択、「リンク」をクリック
Search Console プロパティ、ウェブストリームを選択

ユニバーサルアナリティクス(UA)とサーチコンソールの連携方法

従来の形式であるユニバーサルアナリティクスとサーチコンソールの連携方法もご紹介します。Googleアナリティクス4と大まかな流れは一緒です。

  1. ユニバーサルアナリティクスの左側メニューから、「管理 > プロパティ設定 > Search Console を調整」を選択します。
  2. Search Consoleの設定」の「追加」をクリックし、連携するSearch Consoleのプロパティを選択します。
  3. 完了」をクリックして、連携完了です。
「管理 > プロパティ設定 > Search Console を調整」を選択
連携するSearch Consoleのプロパティを選択

アナリティクスとサーチコンソールが連携できない場合のチェックポイント

正しいGoogleアカウントにログインできているか確認する

まずは、現在ログインしているGoogleアカウントでGoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールが使用できるか確認しましょう。それぞれのツールを別のアカウントで管理している場合も多いので、注意が必要なポイントです。

Googleアナリティクスの「編集」権限を持っていることを確認する

Googleアナリティクス4でサーチコンソールが未連携なのに「リンク」ボタンが無効になっている場合、またユニバーサルアナリティクスで「追加」のリンクが表示されない場合は、Googleアナリティクスの「編集者」の権限がないことが考えられます。サーチコンソールの連携をするためにはGoogleアナリティクスの「 編集者 」権限を持っている必要があるので、Googleアナリティクスの管理者に依頼して「 編集者 」権限を付与してもらうか、「 編集者 」権限のあるアカウントを保有している人に作業を依頼しましょう。

Googleサーチコンソールで「確認済み所有者」になっていることを確認する

連携したいGoogleサーチコンソールのプロパティが表示されない場合には、Googleサーチコンソールの「確認済み所有者」でないことが考えられます。「確認済み所有者」でなければ、連携できません。自分が「確認済み所有者」であるかは、サーチコンソールの「管理 > アカウント」より確認できます。こちらも、サーチコンソールの管理者に相談しましょう。場合によっては「確認済み所有者」になるための作業が必要になります。

Googleサーチコンソールで「確認済み所有者」かどうかを確認する方法

  1. Googleサーチコンソールを開き、左側メニューより「設定」を選択
  2. 全般設定 > 所有権の確認」で、確認済み所有者かどうか確認できます。
Googleサーチコンソールで「設定」を選択、「所有権の確認」を確認

連携したデータの確認方法

Googleアナリティクス4(GA4)でのサーチコンソールデータの確認方法

Googleアナリティクス4では、「Google オーガニック検索トラフィック」と「Google オーガニック検索クエリ」との2つのレポートが確認できます。

「Google オーガニック検索クエリ」では、ランディングページ毎の表示回数やクリック数、クリック率、平均検索平均掲載順位といったサーチコンソール指標を確認できます。加えて、ユーザーやエンゲージメント、コンバージョンといったGoogleアナリティクス4の指標もランディングページごとに確認できます。

また「Googleオーガニック検索クエリ」では、検索されたキーワードごとの表示回数、クリック数、クリック率、平均掲載順位を確認できます。Googleアナリティクスのデータをキーワードごとに見ることはできません。

サーチコンソールのデータは16か月間保存されるため、このレポートも過去16か月まで遡ることができます。

Googleアナリティクス4でサーチコンソールデータを確認するためには、先に Googleアナリティクス 4とサーチコンソールの連携が完了している必要があります。

  1. Googleアナリティクス4にアクセスし、左側メニューより「レポート > 集客 > 集客サマリー」の順に選択します。
  2. GOOGLE オーガニック検索トラフィック」では、ランディングページごとの表示回数を確認できます。
  3. Google 自然検索トラフィックの指標を表示」をクリックすると、ランディングページごとの指標をより詳しく確認できます。
  4. GOOGLE オーガニック検索クエリ」では、キーワードごとのクリック数を確認できます。
  5. Google オーガニック検索クエリを表示」をクリックすると、キーワードごとの指標をより詳しく確認できます。
「レポート > 集客 > 集客サマリー」を選択すると、「Google オーガニック検索トラフィック」「Google オーガニック検索」が表示
「Google 自然検索トラフィックの指標を表示」をクリックすると、ランディングページごとの指標を表示
「Google オーガニック検索クエリを表示」をクリックすると、検索クエリごとの指標を表示

ユニバーサルアナリティクス(UA)でのサーチコンソールデータの確認方法

ユニバーサルアナリティクスでサーチコンソールデータを確認する際にも、やはり先にサーチコンソールとの連携が完了している必要があります。

  1. ユニバーサルアナリティクスにアクセスし、左側メニューより「集客 > Search Console」の順にクリックします。
  2. 検索クエリ」を選択すると検索キーワードが確認できます。同様に、「ランディングページ」を選択すると、検索からのランディングページが確認できます。

まとめ

Googleアナリティクスとサーチコンソールを連携することで、同一のツール上で両者のデータを確認できるようになります。分析を効率化のためにも、ぜひ連携をお勧めします。

Page Top