アナトミーBLOG
GoogleアナリティクスやGoogleタグマネージャーを使ったサイト分析のノウハウを公開しています

Googleタグマネージャーの使い方

Google タグマネージャーを初めて使う方向けに、Google タグマネージャーの概要と使い道、基本の操作法を説明します。

Google タグマネージャーを使いこなせるようになると、解析ツールの導入やボタンのクリックイベント計測など、Googleタグマネージャーを通して自分自身で行うことができます。ぜひ、使い方をマスターしてアクセス解析に役立てましょう。

Googleタグマネージャーとは?

Googleタグマネージャーは、ウェブページに配置するタグを管理するツールです。

具体的に言うと、Googleアナリティクスのトラッキングコードや、Facebook Pixel といったタグを、Googleタグマネージャーの管理画面を操作することでサイトに導入できるようになります。

Googleタグマネージャーは無料で使うことができます。

Googleタグマネージャーができること

Google タグマネージャーがカバーするエリアは広く、アクセス解析など Web マーケティングに関連したほとんどの作業を行うことができます。

設置するタグ分析機能
Google アナリティクス タグ・ページビューの計測
イベントの計測(バナークリックなど)
・Eコマースサイトの計測(購入など)
Google 広告 タグコンバージョンの計測
・リマーケティング
GoogleOptimize タグ・ABテストの実施
Facebook Pixel タグ・広告の効果測定
Twitter Universal Website Tag・広告のエンゲージメント測定

これらの設定では、HTMLタグやJavaScriptを記述する必要はありません。Googleタグマネージャーの画面で変更するだけで大半の設定作業が完結します。

Googleタグマネージャーのメリット

Googleタグマネージャーを導入しなくても、GoogleアナリティクスやFacebook Pixelをウェブページに設置することはできます。それなのに、Googleタグマネージャーをわざわざ導入するメリットはあるのでしょうか?

Googleタグマネージャーの導入メリットについては、次の3つがあります。

Webマーケティング主体でタグを管理できる

Googleアナリティクスを始めとして、ウェブサイトの解析をするには、ウェブページに計測タグを追加する必要があります。

しかし、ウェブサイトの変更作業は、一般的には規模に応じて難易度が上がっていきます。小さなウェブサイトなら負担は少ないですが、サイト規模が大きかったり、CMS や EC パッケージなど様々なシステムが絡んでくると、関係者間の調整も必要になり、タグを追加・変更する作業自体が困難になってきます。

Googleタグマネージャーを導入すると、ウェブサイトの変更を行うことなく、必要に応じて計測タグを追加したり削除したりできるようになります。システム側の事情に一切影響されることなく、Webマーケティング主体でタグが管理できることになるのです。

タグのプレビューができる

Googleタグマネージャーの2つ目のメリットは、タグの変更を「お試し」できる点です。Googleタグマネージャーには、プレビュー機能があり、変更を確定する前に、自分だけ新しいタグの設定での動作を試すことができます。

プレビュー機能のおかげで、誤った設定を本番反映してしまうトラブルを未然に防ぐことができます。

タグのバージョン管理ができる

Googleタグマネージャーには、バージョン管理機能があります。バージョン管理とは、設定の内容が変更の都度記録する仕組みのことで、過去の状態に戻したり、参照したりできます。

バージョン管理機能のおかげで、誰がいつどのような変更を行ったかの変更内容も記録されることになるので、タグを運用管理しやすくなります。

Googleタグマネージャーを設置する

それでは実際に Google タグマネージャーを使ってみましょう。

Googleタグマネージャーを設置するには、大きく分けると2つの手順があります。

  1. GoogleタグマネージャーのタグをHTMLに埋め込む
  2. Googleタグマネージャーの設定を変更する

ここでは、Googleタグマネージャーを使って、Google アナリティクスを設置する手順を紹介します。

Googleタグマネージャーのアカウント・コンテナを作成

まず初めに、Google タグマネージャーのサイトを開き、アカウントを作成します。

https://tagmanager.google.com/

任意のアカウント名、国、任意のコンテナ名を入力します。ターゲットプラットフォームは「ウェブ」を選択し、[作成]ボタンをクリックします。

HTML に Googleタグマネージャーのタグを埋め込む

画面に表示された「Google タグマネージャーの script タグ」を HTML へ埋め込みます。

この script タグは、全ページに入れておきましょう。<head>タグ直後と、<body> 直後にコードを貼り付けます。

これで、Googleタグマネージャーの設置は完了です。

Googleタグマネージャーの設定を変更する

Googleタグマネージャーのタグ設置が完了したら、次はGoogleタグマネージャーの設定を変更していきます。

Googleアナリティクスの「タグ」を登録する

以下の手順で、GoogleアナリティクスのトラッキングコードをGoogleタグマネージャーで設定できます。

  1. [新しいタグを追加] をクリックします
  1. [タグの設定] をクリックします
  1. 「Googleアナリティクス:ユニバーサルアナリティクス」を選択します
  1. 「Googleアナリティクス変数」のセレクトボックスで、[新しい変数…] をクリックします
  1. トラッキング ID 欄に Google アナリティクスのトラッキングID(”UA-XXXXXX-XX”形式)を入力します
  1. 変数の名前(ページ最上部)は「Google アナリティクス設定」などを指定し、[保存]をクリックします
  2. [トリガー]をクリックします
  1. [All Pages] を選択します
  1. タグの名前(ページ最上部)に「Googleアナリティクス」などと入力し、[保存] をクリックします

これで Google アナリティクスのタグ設定が完了しました。

変更をプレビューする

設定変更を公開する前に、動作テストしてみましょう。

右上にある「プレビュー」ボタンをクリックすると、プレビューモードになり、自分だけ変更が反映された状態になります。

Googleタグマネージャーのプレビューボタン

正確には、プレビューボタンを押したブラウザがプレビューモードになります。

この状態で、ウェブサイトにアクセスすると、ページの下部にタグマネージャーのデバッグウィンドウが表示されます。

タグマネージャーのデバッグウィンドウ

Tags Fired部分に、「ユニバーサルアナリティクス」と表示されていれば、GoogleタグマネージャーがGoogleアナリティクスのタグを配信したことが分かります。

変更内容を公開する

動作確認が終わったら、「公開」をすることで実際のサイトに反映されます。

Google アナリティクスのリアルタイムレポートで確認してみてください。計測できましたか?

Googleタグマネージャーを使いこなそう

以上、Google タグマネージャの使い方を説明しました。

Google タグマネージャには、変更履歴をバージョン管理できたり、設定のプレビューができたりするので、設定変更の敷居が低く、いざという時に元に戻せるので安心です。Google タグマネージャーを活用し、高度なアクセス解析を進めていきましょう。

シンメトリックでは Google アナリティクスを「見える化」するアクセス解析ツール「アナトミー」を扱っています。設定に不安がある方は、「Google アナリティクス設定チェックサービス」もご用意しておりますので是非ご相談ください。

関連記事

Page Top