Anatomy

ANATOMY BLOG

Googleアナリティクスを「見える化」するアクセス解析ツール「ANATOMY(アナトミー)」のブログです

2017年10月16日月曜日

アンカー形式のカスタムキャンペーンURLをパラメータ除外して集計する方法|アクセス解析ツール「アナトミー」

クエリ文字列形式とアンカー形式

Googleアナリティクスで流入元を区別するカスタムキャンペーンURLには、クエリー文字列形式(?utm_source=xxxx&・・・)以外にも、アンカー形式(#utm_source=xxxx&・・・)も使えます。


2つの書式のそれぞれにメリット・デメリットがあるのですが、アンカー形式(#utm_source=xxxx&・・・)のキャンペーンURLはほとんど使われていません。
その理由の一つが、Googleアナリティクス上ではキャンペーンパラメータを含んだ状態でページが記録されてしまい、分析の支障になることがあります。
しかし、検索エンジンにインデックスされないというメリットもあります。

よってGoogleアナリティクス上でキャンペーンパラメータを除去して表示する方法を紹介します。

※本記事では、既にアンカー形式を使用している方を対象として構成しています。

フィルタでアンカー形式のパラメータを除去する

アンカー形式のカスタムキャンペーンURLを使用すると、Googleアナリティクス上では次のように表示されます。
TOPページが何種類ものURLに分かれ、非常に見通しが悪いですね。


これを解決するために、フラグメントを除去するフィルタを登録します。

  1. Googleアナリティクスの管理画面を開きます。
  2. ビュー列の[フィルタ]をクリックします。
  3. [フィルタを追加]ボタンをクリックします。
  4. フィルタ名に「フラグメント除去」、フィルタの種類を「カスタム」⇒「検索と置換」、フィルタフィールドをリクエストURI、検索文字列を#.*$と入力します。
  5. [保存]ボタンをクリックします。

このフィルタ設定によってパラメータ部分が除去されるようになり、バラバラに集計されていたURLがパラメータをまとめたURLとして集計されるようになります。
ただし、Googleアナリティクスの仕様上、フィルタ設定後のアクセスデータのみが再集計の対象となります。

一方、Googleアナリティクス上のURLにはキャンペーンパラメータが出現しなくなりますが、utm_sourceutm_mediumに指定した情報は引き続き維持されます。
例えば、[集客]⇒[すべてのキャンペーン]を参照元/メディア別にみると、次のようにアンカー形式で指定した情報が保持されていることが分かります。


まとめ

フィルタの設定でランディングページのPVが把握しやすくなったら、ランディングページへの流入元や流入後の遷移数などを正しく分析できるようになります。

弊社ではGoogleアナリティクスを「見える化」するアクセス解析ツール
「Anatomy」を扱っています。
正しく集計できるようになったGoogleアナリティクスのデータをアナトミーでみると、流入元や流入後の遷移を見通しよく把握できるようになります。
1クリックで流入元からどのページにどれくらい遷移しているか視覚的に分かります。
ぜひトライアル登録をして体感してみてください。

https://siteanatomy.com/

なお、アナトミーを利用する際は、フラグメント除去フィルタの設定が完了し、ページのURLに#が出現しなくなったことを確認した上での利用をお勧めします。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...