アクセス解析ツール「アナトミー」

ANATOMY BLOG

Googleアナリティクスを「見える化」するアクセス解析ツール「ANATOMY(アナトミー)」のブログです

2020-05-11

特定IPからのアクセスを除外する設定 | Googleアナリティクス

こんにちは、アクセス解析ツール「アナトミー」開発チームの江頭です。

Googleアナリティクスで関係者からのアクセスを除外するには、IPアドレス除外フィルタを設定します。

アクセスデータに関係者が含まれていると、正確なページビュー数やコンバージョン数が分からなくなり、サイトの分析に支障が出てきます。IPアドレス除外フィルタを設定し、Googleアナリティクスから信頼できる数値が取り出せるようにしましょう。

この記事では、Googleアナリティクスで特定IPアドレスからのアクセスを除外する設定を解説します。また、合わせて必要になる「特定IPアドレスからのアクセスに限定」したビューの作り方を紹介します。

IPアドレス除外フィルタを設定する

Googleアナリティクスで、特定IPアドレスからのアクセスを除外するには、フィルタを設定します。

除外したいIPアドレスが1つだけの場合

以下の手順で、フィルタを設定します。
  1. Googleアナリティクスの管理画面を開きます。
  2. 設定を変更するビューを選択します。
  3. ビュー列にある「フィルタ」メニューを選択します。
  4. 「+フィルタを追加」をクリックします。
  5. 「フィルタ名」に任意の名前(例:自社IP除外)を入力します。
  6. フィルタの種類で「定義済み」を選択します。
  7. 左から順に「除外」「IPアドレスからのトラフィック」「等しい」を選択します。
  8. IPアドレス欄に除外したいグローバルIPアドレス(ex. 123.45.67.89 )を入力します。
  9. [保存]ボタンをクリックします。

除外したいIPアドレスが複数存在する場合

以下の手順で、フィルタを設定します。
  1. Googleアナリティクスの管理画面を開きます。
  2. 設定を変更するビューを選択します。
  3. ビュー列にある「フィルタ」メニューを選択します。
  4. 「+フィルタを追加」をクリックします。
  5. 「フィルタ名」に任意の名前(例:自社IP除外)を入力します。
  6. フィルタの種類で「カスタム」を選択します。
  7. 「除外」ラジオボタンを選択します。
  8. フィルタフィールドは「IPアドレス」を選択します。
  9. フィルタパターンを ^(IPアドレス|IPアドレス|IPアドレス|・・・)$ という形式で記述します。なお、IPアドレスの「.」は「\.」に置き換えて記述します。
  10. [保存]ボタンをクリックします。
フィルタパターンにはスペースを含めないようにしてください。

除外フィルタの確認方法

Googleアナリティクスのリアルタイムレポートを開き、該当サイトにアクセスして確認します。自分がアクセスしたとき、[リアルタイム]-[コンテンツ]レポートで検出されなければOKです。
追加したIP除外フィルタは、すぐには反映されません。実際に反映されるまでに10分程度かかることに注意してください。

他のビューとのフィルタ共有

Googleアナリティクスで作成したフィルタは、特定のビューに関連付けられるものではなく、他のビューと共有して使えます。「+フィルタを追加」ボタンをクリックした後、「既存のフィルタを使用」で利用したいフィルタを選択すると、他のビューでも同じフィルタが使えます。

IPアドレス限定ビューを作成する

IPアドレス除外フィルタを設定すると、関係者のアクセスがGoogleアナリティクスで計測されないようになります。すると今度は、Googleアナリティクスで設定変更したあとの動作確認ができず、困ってしまいます。
そこで、IPアドレス除外フィルタの設定と同時に、IPアドレス限定フィルタを設定したビューを作成しましょう。関係者のみのビューがあれば、動作確認もやりやすくなります。

関係者用ビューを作成する

ビューは新規作成するのではなく、既存のビューをコピーする方法が設定漏れも防げて簡単です。既存のビューで[ビューの設定]メニューを選び、「ビューをコピー」ボタンをクリックすると、複製できます。

限定したいIPアドレスが1つだけの場合

以下の手順で、フィルタを設定します。
  1. Googleアナリティクスの管理画面を開きます。
  2. 設定を変更するビューを選択します。
  3. ビュー列にある「フィルタ」メニューを選択します。
  4. 「+フィルタを追加」をクリックします。
  5. 「フィルタ名」に任意の名前(例:自社IP限定)を入力します。
  6. フィルタの種類で「定義済み」を選択します。
  7. 左から順に「右のみを含む」「IPアドレスからのトラフィック」「等しい」を選択します。
  8. IPアドレス欄に限定したいグローバルIPアドレス(ex. 123.45.67.89 )を入力します。
  9. [保存]ボタンをクリックします。

限定したいIPアドレスが複数存在する場合

以下の手順で、フィルタを設定します。
  1. Googleアナリティクスの管理画面を開きます。
  2. 設定を変更するビューを選択します。
  3. ビュー列にある「フィルタ」メニューを選択します。
  4. 「+フィルタを追加」をクリックします。
  5. 「フィルタ名」に任意の名前(例:自社IP限定)を入力します。
  6. フィルタの種類で「カスタム」を選択します。
  7. 「一致」ラジオボタンを選択します。
  8. フィルタフィールドは「IPアドレス」を選択します。
  9. フィルタパターンを ^(IPアドレス|IPアドレス|IPアドレス|・・・)$ という形式で記述します。なお、IPアドレスの「.」は「\.」に置き換えて記述します。
  10. [保存]ボタンをクリックします。
フィルタパターンにはスペースを含めないようにしてください。

まとめ

IPアドレスでの除外設定は、Googleアナリティクスを使う上では必須設定です。除外するIPアドレスは、自社だけでなく、開発会社や運用会社なども忘れないようにしましょう。

Googleアナリティクスの設定がよくわからない、正しく設定できているか自信がない、といったお悩みがあれば、ぜひ「Googleアナリティクス設定・最適化サービス」をご利用ください。