Anatomy

ANATOMY BLOG

Googleアナリティクスを「見える化」するアクセス解析ツール「ANATOMY(アナトミー)」のブログです

2019年3月1日金曜日

Googleアナリティクス360とは?無料版との違いを解説 | Googleアナリティクス

こんにちは、アクセス解析ツール「アナトミー」開発チームの内村です。
今回の記事では無料で使えるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」の有料版である「Googleアナリティクス360」についてお話ししたいと思います。
Googleアナリティクスは無料で使える高機能なアクセス解析ツールですが、有料版の「Googleアナリティクス360」というものも存在しています。以前は「Googleアナリティクス プレミアム」という名前でしたが名称変更して今の名前になりました。

1-1.無料版との違い

無料版と「Googleアナリティクス360」の大きな違いは一月あたりに利用できるヒット数です。無料版では月1000万ヒットまでしか利用できませんが、「Googleアナリティクス360」では月10億ヒットまでなら定額、それ以上は要相談となっております。
また非サンプリング レポート、BigQuery Export、データドリブン アトリビューションといった高度なツールを利用することがきます。

・非サンプリングレポート


通常Googleアナリティクスではセッションデータが50万件を超えるとサンプリングが行われます。しかし、「Googleアナリティクス360」ではサンプリングを行わない非サンプリングレポートを利用することができます。

・BigQuery Export


Google Cloud Platformで提供されるビッグデータ解析プラットフォームであるBigQueryにセッションとヒットをエクスポートすることでアナリティクスのすべてのデータにクエリを実行することができる機能です


・データドリブン アトリビューション


Googleアナリティクスアカウントの実際のデータを使ってカスタムモデルを作成し、それに基づいて、購買プロセス全体に散在するマーケティング上の各接点にコンバージョンの価値を関連付ける機能です。

参考:Googleアナリティクスヘルプ

また通常のアナリティクスではデータ更新頻度が24時間以内なのに対して、「Googleアナリティクス360」では4時間以内になります。
また無料版では受けることのできない手厚いサポートなどを受けることができるようになります。

1-2.価格

Googleアナリティクス360の価格は公表されてはいませんが、旧Googleアナリティクス プレミアムは1月あたり10億ヒットまでなら月額130万円で利用することが可能だったので、それが目安となります。

参考:Googleアナリティクス360の価格について

2.Google マーケティング プラットフォーム


Google マーケティング プラットフォームとは以前「Googleアナリティクス360 suite」であ提供していたサービスとDoubleClick の広告主向けサービスを1つのブランドに統合したもので、「アナリティクス」、「データポータル」、「オプティマイズ」「サーベイ」、「タグマネージャ」、「ディスプレイ&ビデオ 360」、「検索広告 360」の7つのサービスで構成されています。

3.まとめ

今回はGoogleアナリティクスの有料版である「Googleアナリティクス360」について紹介させていただきました。しかし、高価な「Googleアナリティクス360」も活用しきれなければお金の無駄になってしまいます。弊社が提供しているアクセス解析ツール「アナトミー」ならGoogleアナリティクスのデータを分析しやすくビジュアライズでき、「Googleアナリティクス」を100%活用することができます。1か月間のトライアルプランも提供しておりますので、Googleアナリティクスを活用しきれていないと感じられている方、是非お試しください!

関連記事