アナトミーBLOG
GoogleアナリティクスやGoogleタグマネージャーを使ったサイト分析のノウハウを公開しています

utm_mediumの種類は?チャネルグループとの関係

Googleアナリティクスで、トラフィックの種類を表すのが「チャネルグループ」です。

Google広告なら、Googleアナリティクスと連携させることで適切なチャネルグループへ自動的に分類されますが、それ以外のトラフィックは分類されません。

トラフィックを正しいチャネルグループに分類するためには、URLにutm_mediumパラメータを付加し、カスタムキャンペーンとして設定する必要があります。

この記事では、utm_mediumの種類とチャネルグループとの関係、utmパラメータの設定例を紹介します。

utm_mediumとは?

utm_mediumとは、カスタムキャンペーン用のパラメータの1つで、マーケティングメディアの種類を表すものです。

よく利用するutm_mediumには、cpc、email、affiliateなどがあります。

チャネルグループとは?

チャネルグループとは、検索流入や広告流入など、トラフィックの流入元の分類を表します。

Googleアナリティクスのデフォルト設定では、チャネルグループは以下の10種類があります。

チャネル名流入元
Directブラウザのお気に入り等の直接流入
Organic SearchGoogleやyahoo等の検索エンジンからの流入
SocialSNSからの流入
Emailメールからの流入
Affiliatesアフィリエイト広告からの流入
Referral外部サイトからの流入
Paid Search有料検索からの流入
Other Advertisingその他の広告からの流入
Displayディスプレイ広告からの流入
(Other)上記のいずれにも該当しない流入

トラフィックは必ず上記10種類のいずれかに分類されます。トラフィックが複数のチャネルグループに属することはありません。

Googleアナリティクスでは、[集客]-[概要]レポートなどで、チャネルグループを確認できます。

集客の概要レポート

utm_mediumとチャネルグループの関係

Googleアナリティクスのデフォルトチャネルグループでは、utm_mediumごとに特定のチャネルが割り当てられています。

分類したいチャネルのutm_medium値をカスタムキャンペーンパラメータとして使用することで、トラフィックを特定のチャネルグループに分類させることができます。

以下がutm_mediumとチャネルグループとの対応を表します。

チャネルグループutm_medium説明
Organic Searchorganic検索エンジン
Socialsocial
social-media
social media
sm
ソーシャルメディア
social-network
social network
SNS
Emailemailメール
Affiliatesaffiliateアフィリエイト広告
Referralreferral外部サイトからのリンク
Paid Searchcpcクリック単価型のリスティング広告(Cost Per Click)
ppc検索エンジン連動型広告(Pay Per Click)
paid searchリスティング広告
Other Advertisingcpv広告視聴単価型の広告(Cost Per View)
cpaコンバージョン報酬型の広告(Cost Per Acquisition)
cpp購買報酬型の広告(Cost Per Purchase)
content-textテキスト広告
Displaydisplayディスプレイ広告
cpmインプレッション単価型広告(Cost Per Mille)
bannerバナー広告

カスタムキャンペーンによるトラフィック分類

カスタムキャンペーンでは、utm_sourceとutm_mediumの二つのパラメータをURLに付加する必要があります。どちらか1つでも欠けるとカスタムキャンペーンとして認識されません

utm_sourceには、googleやyahoo、あるいはメルマガ名など、流入元の種類を設定します。

設定例1:
https://example.com/?utm_source=facebook&utm_medium=social-network
トラフィックが「Social」に分類されます。


設定例2:
https://example.com/?utm_source=anatomy-mailmag&utm_medium=email
トラフィックが「Email」に分類されます。

utm_medium=referralを使うケース

外部サイトからのリンクは、特にカスタムキャンペーンパラメータを付与しなくても、トラフィックがReferralに分類されます。

そのため、utm_medium=referralを利用するケースは一見なさそうに見えます。

utm_medium=referralを使うケースとしては、参照元サイトをドメイン名ではなく、別の名前で分類したいケースです。

GoogleアナリティクスでチャネルReferralの参照元を分析すると、次のようにドメイン名がたくさん並んでいます。

この参照元を別名にするには、aaa.example.comなどに設置されたリンクURLを次のように変更します。

https://www.symmetric.co.jp/?utm_source=example&utm_medium=referral

こうすると、参照元がutm_sourceで設定したexampleとなります。

まとめ

今回は、デフォルトのチャネルグループに分類するためのパラメータの設定方法を説明しました。

チャネルは流入元の種類を計測するのに便利なディメンションなので、ぜひ適切なパラメータを設定して流入元解析にチャネルを活用してください!

シンメトリックでは、あなたのサイトのGoogleアナリティクスの設定を16項目チェックし、さらに正しい設定にするためのアドバイスをいたします。
Googleアナリティクスの設定がよくわからない、正しく設定できているか自信がない、といったお悩みがあれば、ぜひGoogleアナリティクス設定・最適化サービスをご利用ください!

Page Top