Googleアナリティクス4の流入元とは?

Googleアナリティクス4(GA4)の流入元とは、ユーザーがどこからサイトへ来たのかを表すものです。サイトの集客力を高めるためには、まずはユーザーがどこから、どれくらい流入しているのかを把握する必要があります。

本記事では、GA4で流入元を調べる方法と、流入元を簡単に確認できるSEO分析ツールをご紹介します。

目次

Googleアナリティクス4の流入元とは

GA4では、以下の3つのディメンションでWebサイトに訪れたユーザーの流入元を確認できます。

  1. 参照元
  2. メディア
  3. チャネル

参照元

参考元はGoogleやYahooなど、流入元のサイトを表します。

メディア

参照元の分類を表します。
以下の表にメディアの一例をまとめました。

分類概要
affiliateアフィリエイトサイトからの流入
cpc広告からの流入
emailメールからの流入
organic検索エンジン(Google,Yahooなど)からの流入
referral外部サイトからの流入
none直接URLを検索した際の流入

GA4上には「参照元/メディア」というディメンションがあります。これは「Googleの検索エンジンからの流入(google / organic)」といったように、上記の参照元とメディアを組み合わせた分類です。

チャネル

参照元とメディアをもとにした、流入経路の分類を表します。
リスティング広告やオーガニック検索といった大まかなグルーピングで流入元を確認する場合に、チャネルを確認します。

以下の表に主なチャネルをまとめました。
その他チャネルや参考元の関係性は以下のGoogle公式ヘルプよりご確認ください。

分類概要
Cross-networkGoogle広告からの流入
DirectURLを直接入力した際の流入
Emailメールからの流入
Organic Search検索エンジン(Google, Yahooなど)からの流入
※検索エンジン上の広告からの流入は除く
Organic SocialSNS(Twitter, Facebookなど)からの流入
※SNS上の広告からの流入は除く
Paid Search検索エンジン上の広告からの流入
Paid SocialSNS上の広告からの流入
Referral外部サイトからの流入

GA4で流入元を調べる方法

流入元を確認する際の指標としては、「セッション数」があります。
「セッション数」はその流入元からユーザーがどれくらい流入(セッション開始)したかを示す指標です。

GA4の流入元をランディングページごとに調べる

GA4で流入元をページごとに調べる場合は、「レポート」を使用します。

  1. サイドバーの「レポート」を選択
  2. ライフサイクル > エンゲージメント > ページとスクリーンの順でタブを選択
レポート内の集客→エンゲージメント→ランディングページの順で選択
  1. 「+」マークを選択
「+」マークからセカンダリディメンションを追加
  1. トラフィックソース > クロスチャンネル > セッションの参照元/メディアの順で選択
トラフィックソース→クロスチャネル→セッションの参照元/メディアの順で選択

特定ページの内訳をみたい場合は、検索窓に該当のページパスを入力すると、該当ページのみの絞り込みができます。

検索窓から絞り込む様子

検索窓での絞り込みは「含む」という条件指定です。どうしても該当ページのデータのみを確認したい場合は、探索を利用します。

(direct) / (none)について

「(direct) / (none)」とは、ダイレクトトラフィックあるいはノーリファラーと呼ばれ、参照元情報を持たないトラフィックを指します。具体的には、URLを直接入力してWebサイトにアクセスした場合や、ブックマークからアクセスした場合がダイレクトトラフィックです。

以下の記事では、(direct) / (none)が発生する原因や防ぐ方法を解説しています。是非、ご覧ください。

Webサイト分析ツール「アナトミー」で流入元を調べる方法

Webサイト分析ツール「アナトミー」は、GA4とサーチコンソールのデータを1画面で確認できます。そのため、サイト全体の流入元とページごとの流入元を簡単に確認できます。

サイト全体の流入元の確認方法

アナトミーのダッシュボード版の「ドメイン レポート」では、サイト全体の流入数や検索エンジンの内訳を確認できます。
※ダッシュボード版は無料でご利用できます。

  1. アナトミーに登録後、マイサイトに移動
  2. ダッシュボード内の「ドメイン レポート」を選択
アナトミーマイサイト画面
  1. サイト全体の流入数を確認する場合は、「流入と自然検索」のグラフにマウスホバーすると流入数が確認できる
アナトミーの流入と自然検索のグラフ

※「⚙」マークを選択すると以下の画面のようにグラフに表示する「流入種別」や「チャネル」を変更できます。

アナトミーのチャネル変更画面
  1. サイト全体の検索エンジンの内訳を確認する場合は、「検索エンジンからの流入」のグラフにマウスホバーすると流入元の内訳が確認できる
アナトミーの検索エンジンからの流入のグラフ

ページごとの流入元の確認方法

アナトミーの「登録URL」では、登録したページの流入数と流入元を確認できます。

  1. ダッシュボード内の「登録URL」を選択
アナトミーのマイサイト画面
  1. 確認したいページの「ページ詳細」ボタンを選択
アナトミーの登録URL一覧
  1. 表示されたグラフにマウスホバーをすると流入数や流入元を確認できる
アナトミーのページ詳細レポート画面1
アナトミーのページ詳細レポート画面2

※アナトミーのダッシュボード版では、週次単位でのデータ確認できます。月次単位でのデータを確認する場合は、有料プランのタイルビュー版をご利用ください。

アクセス解析セミナーでも詳しく解説

弊社では

  • 「PVを上げるには何をしたらいいの?」
  • 「流入が少ないんだけどデータが正しく取れているのかな?」
  • 「流入元以外に何に着目すればよいのか?」

といった疑問を解決できるセミナーを開催しています。

PV数アップのためのサイト改善例を知りたい方、Googleアナリティクスの設定について知りたい方、Googleアナリティクスが初めての方に最適です。

Googleアナリティクス・サーチコンソールを学ぶ!はじめてのアクセス解析セミナー(無料)

まとめ

本記事では、流入元を確認できるディメンションと流入元を調べる方法を解説しました。

リスティング広告や直接検索といった大まかなグルーピングで流入元を確認する場合は「チャネル」を使用し、流入元のサイトや流入元の細かい分類まで確認したい場合は、「参照元」と「メディア」、を使用するとよいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次