アナトミーBLOG
GoogleアナリティクスやGoogleタグマネージャーを使ったサイト分析のノウハウを公開しています

メルマガの効果測定をする方法

メルメガの効果測定、できていますか?
メールからのセッション数や、各メールごとのセッション数を計測することで、メール施策を改善していくことができます。

この記事では、Googleアナリティクスでメールからのセッションを計測する方法を紹介します。

メールからのセッションを計測するためのパラメータ設定方法

メールからのセッションを計測するには、まずセッション全体から、メール全体のセッションを切り分ける必要があります。
Googleアナリティクスでは、メールからのセッションかどうかは「チャネルグループ」というメトリクスで判定することができます。

「チャネルグループ」とは、セッションごとにそれがどの媒体からのセッションか、大まかに区分したグループです。デフォルトで「Email」というチャネルグループが用意されているので、ここに分類されるように設定することになります。

では、どうすれば「Email」に分類されるのでしょう?

「Email」に分類されるには、メールに載せるURLの「utm_medium」というパラメータに「email」という値を付与する必要があります。
同時に、「utm_source」というパラメータを設定する必要があります。こちらのパラメータの値は自由ですが、メルマガの名前を付けるといいでしょう。
さらに、それがどのメールからのセッションか計測するために「utm_campaign」というパラメータをURLに付加します。任意の名前が付けられるので、メールの件名メールの送信日などを付けるのがいいでしょう。

パラメータ例:

必要なパラメータ

  • utm_source:メルマガ名(必須)
  • utm_medium:「Email」(必須)
  • utm_campaign:メールの件名や送信日

まとめ

今回は、メールからのセッションを計測する方法を説明しました。

Googleアナリティクスは過去に遡って集計することができないので、メールを配信する前に適切な設定をすることが大切です。
しかし、Googleアナリティクスの設定は複雑で難しいことが多く、設定内容が正しいか確認するのもまた一苦労です…。

シンメトリックでは、あなたのサイトのGoogleアナリティクスの設定を16項目チェックし、さらに正しい設定にするためのアドバイスをいたします。
Googleアナリティクスの設定がよくわからない、正しく設定できているか自信がない、といったお悩みがあれば、ぜひGoogleアナリティクス設定チェックサービスをご利用ください!

Page Top