Googleアナリティクスのイベントとは|GA4とUAでの違いと確認方法を解説

ページ内のユーザー動作を把握できていますか?

本記事では、Googleアナリティクスのイベントの概要、GA4とUAでの違い、確認方法、イベントを可視化して確認できるツールをご紹介します。

目次

Googleアナリティクスのイベントとは

Googleアナリティクスでは、ユーザーがある行動を起こしたときに「イベント」を発生させ、そのイベントを計測できるようになっています。

従来版のユニバーサルアナリティクス(UA)では「外部リンクのクリック」、「ファイルのダウンロード」等の特定の行動をイベントとして計測していましたが、Googleアナリティクス4(GA4)からは「ページビュー」「セッション」など、ほぼ全てのデータをイベントとして計測するようになりました。

また、UAでは「イベントトラッキング」の設定が必要だった「外部リンクのクリック」や「ファイルのダウンロード」等もGA4では複雑な設定不要で計測ができるようになりました。

UAでのイベントトラッキングの設定方法を知りたい方は下記記事をご覧ください。

GA4のイベントの種類

GA4ではユーザー側で設定する必要があるイベントと設定が不要なイベントがあり、下記の4つに分類されます。

イベントの名称概要イベント例
自動収集イベント設定不要で自動で集計されるイベントページビュー(page_view)
セッション(session_start)
拡張計測機能イベント拡張計測機能を有効にすると計測されるイベント外部リンククリック(click)
ファイルダウンロード(file_download)
推奨イベントGoogleが推奨しているイベント。イベント名やトリガー(条件)の定義はされているが計測をするためには設定が必要。ログイン(login)
購入(purchase)
カスタム イベントユーザー側で自由に設定が可能なイベント。自動取集イベントや拡張計測機能イベントで計測できないイベントはカスタムイベントとして定義して計測する必要がある内部リンクのクリック等

拡張計測機能イベントとカスタムイベントの設定方法については下記記事で解説しています。

Googleアナリティクスでのイベントの見方

GA4での確認方法

サイト全体のイベント数を確認する

イベント数を確認するためには以下の手順でイベントレポートを表示します。

  1. 左側のメニューにある「レポート」をクリック
  2. 「ライフサイクル」をクリック
  3. 「エンゲージメント」をクリック
  4. 「イベント」をクリック

イベントレポートにはイベントごとの「イベント数」「総ユーザー数」「ユーザーあたりのイベント数」「合計収益」が表示されています。

イベントの詳細を確認する

イベントの詳細を確認するには表示されているイベント名をクリックします。(今回は「click」のイベントの詳細を確認します)

画面の上部では選択したイベントの発生回数の推移などが確認できます。

画面の下部では「click」されたリンクのURLや「click」が発生したページを確認することができます。

GA4では上記の標準レポートの他に「探索レポート」を使用してイベント数を確認することもできます。探索レポートでイベント数を確認する方法については下記記事でご紹介しています。

UAでの確認方法

イベント数を確認する

まずは、イベント数を確認してみましょう。以下の手順でイベントレポートを表示できます。

  1. [行動]をクリック
  2. [イベント]をクリック
  3. [上位のイベント]をクリック
イベント数の確認方法

「イベントカテゴリ」は、イベントをグループに分類した名称です。この名称は、イベントトラッキング設定で指定するもので、例えば動画ならmovie、バナーならbannerのように使います。

「合計イベント数」は、各イベントカテゴリのイベントが発生した総数です。

「ユニークイベント数」は、1回のセッションで同一イベントの発生を1回までに制限したときの値です。たとえば、同じ人が同じ動画を3回再生したら、ユニークイベント数は1回となります。

イベントの詳細を確認する

「動画タイトルごとの再生イベント数」のように、イベント数をさらに詳細に分析することもできます。

動画IDやリンク先URLのようなイベントの詳細情報は「イベントラベル」に記録されています。

イベントラベルごとのイベント数は、以下の手順で確認できます。

  1. 分析したいイベントのイベントカテゴリをクリック
  2. [イベントラベル]をクリック
分析したいイベントとイベントラベルを選択

以下のように、イベントラベルごとのイベント発生数が把握できます。

イベントラベルごとのイベント数

ページごとにイベント数を確認する

サイト全体ではなく、ページ単位でイベントを分析するには、以下の手順を行います。

  1. [行動]をクリック
  2. [イベント]をクリック
  3. [ページ]をクリック
  4. URLをクリック
ページ別のイベント数の確認方法

次のように、特定ページのイベント数を確認できます。

ページ別のイベント数の確認方法

アナトミーでイベントを確認する方法

Webサイト分析ツール「アナトミー」でもイベントの推移やページごとのコンバージョンイベントの数を確認できます。

イベント数の推移を確認する

アナトミーの無料ダッシュボードではサイト全体・特定ディレクトリのアクセスデータの推移を確認することができます。

Webサイト分析ツール「アナトミー」でイベント数の推移を確認する

赤枠内には「session_start」「first_visit」「user_engagement」の3つのイベントの過去6ヶ月の推移が表示されています。表示するイベントは変更可能で、任意のイベントの推移を他のデータと並べて確認することができます。

ページ別のコンバージョンイベントの数を確認する

アナトミーのタイルビューではページをタイルで表現しており、指定したコンバージョンがどのページでどれだけ発生しているかを確認することができます。

Webサイト分析ツール「アナトミー」のタイルビューでコンバージョン数と流入元を確認する

緑色のタイル上の数字が「予約」のコンバージョンイベントが発生した数で、青色のタイルがコンバージョンイベントが発生したセッションの流入元とその内訳を表しています。
上記の例だと「Organic Search」からのコンバージョン数が53、「Direct」からのコンバージョン数が27である事が分かります。

まとめ

イベントを分析すると、ユーザーの行動を細かい粒度で計測することができます。

また、アナトミーを使うと、サイト全体のイベント発生状況を俯瞰できるので、サイト内のどのエリアでイベントが多く発生しているか、といったことが直感的に分かります。

Webサイト分析ツール「アナトミー」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次