アナトミーBLOG
GoogleアナリティクスやGoogleタグマネージャーを使ったサイト分析のノウハウを公開しています

パラメータを除外してURLを計測する方法

こんにちは、アクセス解析ツール「アナトミー」開発チームの新枦です。

Googleアナリティクスでは、パラメータの値によって、同一のページが別々に計測されてしまうことがよくあります。時には1PVしかない数百ものページに分かれてしまうことがあり、そうなるとアクセス解析どころではなくなってしまいます。

この記事では、パラメータを除外して同一ページをGoogleアナリティクスでまとめて計測する方法を紹介します。

Googleアナリティクスはパラメータを含んだURLで集計する

Googleアナリティクスは、URLのパラメータを含めて集計を行っています。

そのため、パラメータが付いたURLをGoogleアナリティクスで見ると、次のようにページがパラメータごとにページビューが集計されてしまっています。

クエリーパラメータを含むURLパスで集計されたページビュー

パラメータを無視して合算するには、Googleアナリティクスのビューを設定変更すれば可能です。

パラメータ除外専用のビューを作成する

Googleアナリティクスの設定を変更する前に、新しいビューを作成することをお勧めします。

現在、使っているビューを直接変更することもできますが、パラメータが除外されることになり、パラメータ付きのURLを参照したくてもできなくなります。

なお、ビューは新規作成するのではなく、既存のビューをコピーする方法が設定漏れも防げて簡単です。[ビューの設定]メニューを選び、「ビューをコピー」ボタンをクリックすると、複製できます。

ビューの設定内の[ビューをコピー]

パラメータを除外する2つの方法

URLのパラメータを除外して集計するには、ビューの「除外するURLクエリパラメータ」による方法と、フィルタ設定を使った方法の2通りがあります。

方法① 「除外するURLクエリパラメータ」を指定する

ビューの設定には、URLに含まれる特定のパラメータを無視するための「除外するURLクエリパラメータ」があります。

「除外するURLクエリパラメータ」の初期状態は未指定で、すべてのパラメータを含めて集計されます。集計からは除きたいパラメータを指定することで、パラメータ違いのURLを合算できることになります。

設定変更手順

  1. Googleアナリティクスの管理画面を開き、変更するビューを選択します。
  2. ビュー列の「ビューの設定」メニューをクリックします。
  3. 「除外するURLクエリパラメータ」に除外したいパラメータ名を指定します。
  4. 「保存」ボタンをクリックして保存します。

「除外するURLクエリパラメータ」には、「,」で区切ることで、複数のパラメータも指定できます。
(例)uid,mid

URLクエリパラメータ除外の設定例

では、実際にパラメータ除外を設定してみましょう。例として、冒頭にも登場した次のURLを使用します。

https://blog.siteanatomy.com/example.html?from=email&uid=1123

このURLには、流入元を表す「from」というパラメータと、ユーザーを識別する「uid」というパラメータが使用されています。

まずは、すべてのパラメータを除外してみます。

除外するURLクエリパラメータの例

すると、「from」と「uid」両方のパラメータを除いた/example.htmlというURLで合算して集計が行われるようになりました。

パラメータ除外後のページビュー

設定変更後にアクセスされたデータのみ、パラメータ除外が行われます。過去のデータにさかのぼって、適用されることはありません。

また、一部のパラメータだけを除外することも可能です。

除外するURLクエリパラメータの例

すると、「uid」パラメータだけを除いたURLで合算して集計が行われるようになりました。

パラメータ除外後のページビュー

どの流入元から何PVのアクセスがあったのか、一目で分かります。

このように、Googleアナリティクスでは計測の目的に合わせてパラメータを柔軟に統一させることで、分析がしやすくなります。

方法② フィルタでパラメータを除外する

「除外するURLクエリパラメータ」は、簡単に設定できる一方、サイト内の全ページに渡って適用される問題があります。

フィルタを使うと、特定のページのみパラメータを除外するといった高度な設定ができます。

フィルタ設定手順

以下の例では、/blog/ 以下のページのみ、クエリパラメータをすべて除外するフィルタを設定します。

  1. Googleアナリティクスの管理画面を開きます。
  2. 設定を変更するビューを選択します。
  3. ビュー列にある「フィルタ」メニューを選択します。
  4. 「+フィルタを追加」をクリックします。
  5. 「フィルタ名」に任意の名前(例:blogだけパラメータを除外)を入力します。
  6. フィルタの種類で「カスタム」を選択します。
  7. 選択肢の中から「詳細」を選び、各項目を以下のように入力します。
項目選択肢入力値
フィールド A -> 引用 AリクエストURI^/blog/
フィールド B -> 引用 BリクエストURI^(.*)\?.*
出力先 -> 構成リクエストURI$B1
パラメータ除外フィルタの設定
  1. 「フィールドAは必須」「フィールドBは必須」「出力フィールドをオーバーライド」「大文字と小文字を区別」をチェックします。
  2. 「保存」ボタンをクリックします。

この変更を行った後のアクセスについては、パラメータ除外が行われるようになります。

Googleアナリティクスの設定を変更せずパラメータ除外する方法

「除外するURLクエリパラメータ」でも「フィルタ」でも、Googleアナリティクスの設定変更が必要です。また、過去のデータのついてはパラメータ除外が適用されません。

そこで、Googleアナリティクスの設定を変更することなく、パラメータ違いのURLをまとめて集計する方法を紹介します。

アドバンスフィルタを指定する

合算したいURLを絞り込むためのアドバンスフィルタを指定します。

以下の例では、/blog/example.html のみ、クエリパラメータをすべて除外して集計します。

  1. [行動]-[すべてのページビュー]など、URLが表示されるレポートで、[アドバンス]をクリックします。
アドバンスフィルタ
  1. 条件として「先頭が一致」を選び、クエリーパラメータを除いたページを入力し、[適用]ボタンをクリックします。
アドバンスフィルタ

すると、表の上段に、合算したURLのページビュー数などが表示されます。

アドバンスフィルタ指定後のページビュー

合算したいURLごとにアドバンスフィルタを指定するので、手間にはなりますが、この方法であれば集計ができます。

まとめ

今回は、パラメータ違いのURLをまとめて計測する方法を説明しました。

アクセスデータの分析には、まず正しく集計されたデータが必要です。また、Googleアナリティクスは過去に遡って集計することができないので、速やかに適切な設定をすることが大切です。しかし、Googleアナリティクスの設定は複雑で難しいことが多く、内容が正しいか確認するのもまた一苦労です…。

シンメトリックの「Googleアナリティクス設定・最適化サービス」なら、あなたのサイトのGoogleアナリティクスの設定を16項目でチェックし、さらに最適化するためのアドバイスをいたします。Googleアナリティクスの設定がよくわからない、正しく設定できているか自信がない、といったお悩みがあれば、ぜひ「Googleアナリティクス設定・最適化サービス」をご利用ください。

Page Top