Anatomy

ANATOMY BLOG

マクロ視点のアクセス解析と品質管理ツール「ANATOMY(アナトミー)」のブログです

2017年9月28日木曜日

【Googleアナリティクス】PDFダウンロードをページビューとして計測するためのタグマネージャーの設定方法は?

GoogleアナリティクスでPDFなどのファイルダウンロードをイベントとして計測するのではなく、ページビューとして計測すると、ダウンロードに至る導線分析などがやりやすくなります。

参考:イベントトラッキングを使用せずにPDFダウンロード数を計測するには? 

今回はGoogleタグマネージャーを使い、サイト全体のPDFダウンロードをページビューとして計測するための設定を紹介します。なお、Googleタグマネージャーを使用しない場合の設定は、こちらを参照してください。


変数を登録する

まずリンクのhref属性を取得するための変数「href属性」を追加します。

変数の種類 自動イベント変数
要素タイプ 要素の属性
属性名 href

また、href属性を絶対URLとして変換するための変数「href属性の絶対URL」を追加します。

変数の種類 URL
要素タイプ URL全体
URLソース {{href属性}}


上記変数は、href属性の書式に影響されることなく、ダウンロード先URLに基づいた集計を行うためのものです。

「href属性」変数のURLをそのままGoogleアナリティクスで集計させると、href属性のURL書式に基づいた集計が行われてしまいます。この問題を回避するため、href属性を絶対URL化したURLを変数として定義し、このURLをGoogleアナリティクスに集計させるようにします。

トリガーを登録する

次にリンククリックに反応するトリガー「PDFリンククリック」を追加します。

トリガーの種類 クリック - リンクのみ
トリガーの発生場所 一部のリンククリック
トリガー配信条件 変数名:href属性
条件:最後が一致
値: .pdf

タグを追加する


最後に、Googleアナリティクスにページビューデータを送信するためのタグ「PDFページビュー」を追加します。

タグタイプ ユニバーサルアナリティクス(Googleアナリティクス)
トラッキングタイプページビュー
オーバーライド設定を有効にする ON
トラッキングID 任意のトラッキングID(UA-XXXXX-XX)
詳細設定 - 設定するフィールド フィールド名:{{location}}
値:{{href属性の絶対URL}}
配信トリガーPDFリンククリック



Googleアナリティクスのフィールドリファレンスに記載がありますが、絶対URLに対するページビューを指定したい場合は、pageフィールドでなく、locationフィールドを使います。

まとめ

ページビュートラッキングを導入することで、ダウンロード数とページへのアクセス数とを並べて比較できるようになります。また、流入元を含めた分析を行うことで、PDFダウンロード率を向上させるためのヒントが分かるかもしれません。

サイト分析ツール「アナトミー」を使うと、流入元からPDFダウンロードまでの導線を1画面で分析することができます。また、ヒートマップのようにクリック率の高いリンクをカラー表示してくれるので、たとえばダウンロード画面でPDFリンクよりもクリック率が高いリンクはどのリンクか、といった分析が可能です。Googleアナリティクスとも併用できるので、興味のある方はぜひ使ってみてください。

今すぐアナトミーで分析してみる(無料)
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...