Anatomy

ANATOMY BLOG

Googleアナリティクスを「見える化」するアクセス解析ツール「ANATOMY(アナトミー)」のブログです

2017年10月25日水曜日

検索キーワードが分かるGoogleサーチコンソールへの登録方法|アクセス解析ツール「アナトミー」

ウェブ解析担当者は、大半がGoogleアナリティクスを使っていると思いますが、Googleサーチコンソールも使っていますか?
Googleサーチコンソールを使うと、どのようなキーワードでGoogle検索され、そのうちどれくらいが自社サイトに来ているかが分かります。

Googleアナリティクスと同じくらいサイト分析に必須なツールなので、まだ導入していない人はまず登録してみましょう。
Googleアナリティクス導入済みの方なら1~2分くらいしかかかりません。

ちなみに、Googleアナリティクスとは独立したサービスなので、他のアクセス解析サービスを利用中のサイトでもGoogleサーチコンソールを利用できます。

Googleサーチコンソールへの登録方法

登録は簡単です。

1.Google Search Consoleにアクセスします。

2.Googleアナリティクス もしくは Googleタグマネージャーの編集権限があるGoogleアカウントでログインしておきます。

3.WebサイトのURLを http://example.com もしくは https://example.com 形式で入力します。



4.[プロパティを追加]ボタンをクリックします。

5.ドメイン所有者を確認する画面が表示されます。


6.おすすめの方法に「Googleアナリティクス」もしくは「Googleタグマネージャー」が表示されていることを確認し、[確認]ボタンを押します。


たったこれだけで登録完了です。

ただし、注意点が少しあります。
サブドメインが存在する場合や、httpとhttpsの両方のURLが存在する場合は、それらも漏れなく登録するようにしてください。
たとえば、弊社サイトの場合は次のようなURLで登録しています。
  • http://www.symmetric.co.jp
  • https://www.symmetric.co.jp
  • https://siteanatomy.com
  • http://blog.siteanatomy.com

サブディレクトリのみが運営対象の場合

運営上、Webサイトの管理対象が一部ディレクトリのみに制限されている場合は、登録時にサブディレクトリを含めたURLを入力してください。
たとえば、http://example.com/osaka/ のように指定します。

検索キーワードを調べる

Googleサーチコンソールに登録した後、数日経つと検索キーワードが表示されるようになります。
早速、[検索トラフィック]-[検索アナリティクス]から見てみましょう。

初期状態ではクリック数しか表示されていませんが、表示回数・CTR・掲載順位をチェックするとすべての項目が表示されます。


この表の見方ですが、クエリ列のキーワードごとに、検索結果がどのように表示されたのかを示しています。

表示回数は、Google検索結果に当該サイトが表示された回数を表します。
掲載順位は、当該サイトで最も上位に表示されているページの掲載順位を平均化したものです。

なお、ページごとに検索キーワードを調べるには様々な方法があります。
以下の記事を参考にしてください。

Googleサーチコンソールでページ毎の検索キーワードを調べる方法

Googleサーチコンソールのその他の機能

Googleサーチコンソールには他にもSEO関連のさまざまな分析機能があります。

コンテンツの問題を分析

タイトルタグの重複やGoogle検索エンジンにインデックス登録されないページなど、SEO上の問題を自動で検出してくれます。
特にインデックス登録エラーは影響が大きく、Google検索してもページが表示されないという事態になってしまいますので、必ずチェックしましょう。



また、AMP(Accelerated Mobile Pages:モバイル向け高速表示専用コンテンツ)を配置している場合は、AMP固有の問題がないかどうかも定期的にチェックしてくれます。

スマートフォン対応チェック

ページがスマホに最適化されているかどうかを自動でチェックしてくれます。
デザイン崩れなどの細かい不具合を発見できるというものではないですが、スマホ対応できていないページを検出して一覧表示してくれるだけでも価値があります。
この情報は[検索トラフィック]-[モバイルユーザビリティ]ページにあります。


Google検索結果からの削除依頼

サーバーから削除したにもかかわらず、古いコンテンツがGoogle検索結果に表示されることがあります。
URLを入力することで、検索結果に表示されないよう要請することができます。
削除依頼ページは[Googleインデックス]-[URLの削除]にあります。

より高度な分析を行うには

検索キーワードだけでなく、Google検索結果ページに表示される関連キーワードや、SNS向けのOGPタグを把握するには、Googleサーチコンソールだけでは不十分です。

弊社ではGoogleアナリティクスを「見える化」するアクセス解析ツール
「Anatomy」を扱っています。
アナトミーは、各ページの画面キャプチャとともに、Google検索結果ページに表示される関連キーワードや、SNS向けのOGPタグも確認できます。
ぜひトライアル登録をしてみてください。
https://siteanatomy.com/
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...