Googleアナリティクス(ユニバーサルアナリティクス・GA4)、Googleタグマネージャー、サーチコンソールを使ったアクセス解析やサイト分析のノウハウを公開しています。

Googleサーチコンソールで各ページの検索キーワードを確認する方法

自分たちのサイトがどのような検索キーワードで見られているかご存知ですか?
Googleアナリティクスだと分からないですが、Googleサーチコンソールを使うとどのようなキーワードで検索されているか、検索順位はどのくらいかなどを把握することができます。

ここでは、Googleサーチコンソールを使って各ページの検索キーワードを確認する方法と、さらにカンタンに検索キーワードを確認できるツールを紹介します。

Googleサーチコンソールの登録方法

まずはGoogleサーチコンソールへ登録する必要があります。

詳しくはGoogleサーチコンソールの登録・設定方法を参考にしてください。

Googleサーチコンソールでページ毎の検索キーワードを確認する方法

ページ毎の検索キーワードは、Googleサーチコンソールにログイン後、以下の手順で確認します。

  1. [ 検索パフォーマンス ]をクリック
  2. [ ページ ]をクリック
  3. 検索キーワードを確認したいページを選択
  4. [ クエリ ]をクリック

※初期状態ではクリック数表示回数しか表示されていませんが、平均CTR・平均掲載順位をチェックするとすべての項目が表示されます。

ページ毎の検索キーワードの確認方法

他のページの検索キーワードを調べる場合は、以下の手順で行います。

  1. [ × ]をクリックしてページの選択を解除
  2. [ ページ ]をクリック
  3. 次に確認したいページを選択(2の操作により、URL表示に切り替わっています)
  4. [ クエリ ]をクリック
ページの切替方法

以上のようにすればGoogleサーチコンソールでページ毎の検索キーワードを確認できますが、他のページへの切替には操作が何回か必要なうえ、URLのリストからページを探すのも大変です。

関連記事:検索エンジンのインデックスとは?インデックスの正しい登録方法

アナトミーで各ページの検索キーワードを確認する方法

アクセス解析ツール「アナトミー」では検索キーワードを簡単に把握できます。

  1. [ SEO ]ボタンをクリック
  2. 確認したいページをクリック
  3. 検索キーワードが確認できる
ページ毎の検索キーワードの確認方法

また、キーワードごとに検索ボリュームも表示されるので、キーワードの検索需要を考慮したSEO対策が可能です。検索ボリュームは別ツールを使って調査することが多いので、この機能だけでも便利です。

さらにキーワードをクリックすることで、Google検索上位の競合サイトを確認することもできます。

  1. [Top20比較]をクリック
  2. キーワードをクリック
  3. Google検索結果が確認できる
競合サイトの確認方法

Google検索結果からキーワード選定する方法

検索キーワードに狙ったキーワードが含まれていないときは、選定したキーワードに誤りがある可能性があります。

SERP分析法は、Google検索結果から検索意図を判断し、キーワード選定に役立てる手法で、セミナーにて詳細を解説しています。

キーワード選定のスキルを付けたい方、ご自身のサイトが検索上位に表示されないお悩みをお持ちの方、検索意図を理解したい方に最適です。

SEOキーワードを選定するSERP分析法(無料)

検索キーワードが少ない原因は?

ページごとの検索キーワードを調べると、キーワードが0件、もしくは数件しかないことがあります。

コンテンツを公開して間もないときは、時間の経過とともに改善される可能性があります。しかし、数週間以上も経過しているのに、検索されているキーワードが少ないときは、SEO上の課題があると考えた方がいいでしょう。

しかし、Googleは数百もの指標を採用しているので、何か1つSEO対策しただけで、一気に評価が上がって検索にヒットするようにはなりません。

そこで大切になってくるのが「ドメインオーソリティ」「価値のあるコンテンツ」「テクニカルSEO」の3つの軸でSEOの本質をとらえる考え方です。Googleが重視している3つの軸を理解すれば、順位アップするために何をすればよいか、自ずと分かってくるはずです。

エッセンシャルSEOハンズオン研修は、理論と実践でSEOが学べる研修プログラムです。SEOを体系的に学びたい方に最適です。

エッセンシャルSEO​ハンズオン研修

まとめ

ユーザーのニーズにあったサイトを運用していくことはとても重要です。検索キーワードやユーザー動線はユーザーの意図がくみ取りやすい指標です。ぜひアナトミーでユーザーフレンドリーなサイトを運用してください。しかしGoogleサーチコンソールで調べるのは、ちょっと面倒という方は、検索キーワードがカンタンに確認できるツール「アナトミー」を一度お試しください。

SEO分析ツール「アナトミー」

SEO対策コンサルティング

テクニカルSEO(内部対策)によるデータ分析や改善立案、改善サポートで検索上位を狙うSEOコンサルティングサービスを提供しています。

検索インデックス分析に基づいたメソッドで、サービスサイトやB2BサイトもSEO対策可能です。「SEOの成果が上がらない…」というお悩みをお持ちの方におすすめします。

アナトミー SEOコンサルティング

SEO関連の記事はこちら

ドメインパワーとは?基本とSEOへの影響

SEOキーワード選定方法と知るべき3つのコツ

SEOを意識したタイトル(titleタグ)の付け方

h1タグの書き方

ブラックハットSEOとホワイトハットSEOの違い

Page Top