アクセス解析ツール「アナトミー」

ANATOMY BLOG

Googleアナリティクスを「見える化」するアクセス解析ツール「ANATOMY(アナトミー)」のブログです

2020-05-12

テスト環境を除外するフィルタ設定 | Googleアナリティクス

GoogleアナリティクスのトラッキングコードをHTMLに配置すると、本番環境でもテスト環境でもアクセス計測が行われます。
そのため、Googleアナリティクスには、本番環境とテスト環境を合算したアクセス数が記録されることになってしまいます。
これでは、アクセス解析で正確なデータを把握できませんよね。

そこでこの記事では、Googleアナリティクスの集計データから、テスト環境へのアクセスを除外するための設定方法を紹介します。

テスト環境・開発環境へのアクセスが含まれているかを確認する

まず初めに、Googleアナリティクスに本番環境以外からのアクセスが含まれているかを確認してみましょう。

TOPページを分析する方法

[行動]⇒[すべてのページ]を開き、TOPページをクリックします。
次に、[セカンダリディメンション]で「ホスト名」を選択します(行動カテゴリにあります)。

すると、次のようにTOPページのページビュー数がホスト名ごとに分かれて表示されます。
この例を見ると、本番環境(example.com)へのアクセスだけでなく、テスト環境(test.example.com)や、個人開発環境(IPアドレスやlocalhost)が含まれていることが分かりました。

IPアドレスで除外設定をしていても、スマホ実機からテストサイトへのアクセスや、リモートワークや在宅勤務などIPアドレスが固定化されない環境からのアクセスが含まれることがあります。

サイト全体で調査する方法

TOPページではなく、サイト全体で計測されたホスト名を調べることもできます。
ホスト名を表示するカスタムレポート「ホスト名レポート」をGoogleアナリティクス ソリューションギャラリーで公開しています。
以下のリンクをクリックして分析したいビューに追加してください。
https://analytics.google.com/analytics/web/template?uid=YEdp1lwiTi6-xeTFFN1HxQ

テスト環境・開発環境へのアクセスを除外する

本番環境以外へのアクセスを除外するには、ビューに対してホスト名を限定するフィルタを設定します。
テスト環境や開発環境のホスト名を除外する設定方法もありますが、通常、本番環境のホスト名のみに限定する方が設定も簡単です。

それでは設定手順を説明します。

本番サイトのホスト名が1つだけの場合

  1. 管理画面で、ビュー列にある[フィルタ]を開きます。
  2. フィルタ名に「ホスト名限定」を入力し、フィルタの種類として「右のみを含む」「ホスト名へのトラフィック」「等しい」を選択します。
  3. ホスト名フィールドに本番サイトのホスト名(ex. example.com)を入力します。
[保存]ボタンを押す前に、「このフィルタを確認する」をクリックして、テスト用のホスト名がなくなったことを確認しておきましょう。
フィルタ適用前(テーブルの左半分)は赤枠内のホスト名が含まれていたのですが、フィルタ適用後(テーブルの右半分)はなくなっていることが分かります。
確認が取れれば、[保存]ボタンをクリックします。

本番サイトのホスト名が2つ以上の場合

正規表現を使用することで、複数のホスト名を指定できます。
  1. [管理]画面でビュー列にある[フィルタ]を開きます。
  2. フィルタ名に「ホスト名限定」を入力し、フィルタの種類として「カスタム」⇒「一致」を選択します。
  3. フィルタフィールドは「ホスト名」を選択します。
  4. フィルタパターンに本番サイトのホスト名を表す正規表現を入力します。たとえば、本番サイトのホスト名がexample.comとblog.example.comの2つある場合、^(example\.com|blog\.example\.com)$のように指定します(ホスト名の.の前に\を書き、各ホスト名を|で区切る)。
フィルタパターンにはスペースを含めないようにしてください。
以降の手順は、ホスト名が1つだけの場合と同じで、フィルタの確認を行った後に[保存]ボタンを押してください。

テスト環境用ビューを作成する

ホスト名限定フィルタを設定すると、テスト環境や開発環境へのアクセスがGoogleアナリティクスで計測されないようになります。すると今度は、テスト環境や開発環境でGoogleアナリティクスの動作確認ができず、困ってしまいます。
そこで、ホスト名限定フィルタの設定と同時に、ホスト名除外フィルタを設定したビューを作成しましょう。本番環境を除いたビューがあれば、動作確認もやりやすくなります。

テスト環境用ビューを作成する

ビューは新規作成するのではなく、既存のビューをコピーする方法が設定漏れも防げて簡単です。既存のビューで[ビューの設定]メニューを選び、「ビューをコピー」ボタンをクリックすると、複製できます。

本番環境のホスト名が1つだけの場合

以下の手順で、フィルタを設定します。
  1. 管理画面で、ビュー列にある[フィルタ]を開きます。
  2. フィルタ名に「本番ホスト名除外」を入力し、フィルタの種類として「除外」「ホスト名へのトラフィック」「等しい」を選択します。
  3. ホスト名フィールドに本番サイトのホスト名(ex. example.com)を入力します。

本番環境のホスト名が複数存在する場合

以下の手順で、フィルタを設定します。
  1. [管理]画面でビュー列にある[フィルタ]を開きます。
  2. フィルタ名に「本番ホスト名除外」を入力し、フィルタの種類として「カスタム」⇒「除外」を選択します。
  3. フィルタフィールドは「ホスト名」を選択します。
  4. フィルタパターンに本番サイトのホスト名を表す正規表現を入力します。たとえば、本番サイトのホスト名がexample.comとblog.example.comの2つある場合、^(example\.com|blog\.example\.com)$のように指定します(ホスト名の.の前に\を書き、各ホスト名を|で区切る)。
フィルタパターンにはスペースを含めないようにしてください。

まとめ

テスト環境の除外設定は、IPアドレス除外と合わせ、Googleアナリティクスを使う上では必須設定です。

Googleアナリティクスの設定がよくわからない、正しく設定できているか自信がない、といったお悩みがあれば、ぜひ「Googleアナリティクス設定・最適化サービス」をご利用ください。