Anatomy

ANATOMY BLOG

マクロ視点のアクセス解析と品質管理ツール「ANATOMY(アナトミー)」のブログです

2017年11月16日木曜日

Webだけじゃない!メルマガ開封もアナリティクスで計測できる


Googleアナリティクスは「Webサイトのアクセス解析に使うもの」と思っている人が多いと思いますが、カバーエリアは広く、スマホアプリの利用状況やメルマガの開封計測などにも応用できます。

今回は、メールの開封計測をGoogleアナリティクスで行う方法を説明します。

どのようにgtag.jsを使うの?

Googleアナリティクスを導入する際には、Webサイトにgtag.js(analytics.jsの後継)のscriptコードやGoogleタグマネージャーを設置します。
しかし、Webサイトの計測以外の目的でGoogleアナリティクスを使う場合は、どちらも使いません。

メールの開封をトラッキングする場合、Measurement Protocolという通信仕様を利用します。
なお、<img>タグを利用してトラッキングするため、HTMLメールでのみ、開封測定が可能です。

Measurement Protocolとは?

<img>タグの書式を説明する前に、Measurement Protocolについて簡単に説明します。

Measurement Protocolは、Googleアナリティクスサーバーがページビューやイベントデータを収集するための通信仕様です。
URLはhttps://www.google-analytics.com/collectで、ドキュメントタイトルやクライアントID、キャンペーン名、参照元URLなど、Googleアナリティクスでおなじみの指標をパラメータとして受け付けます。

以下のURLを見てください。

https://www.google-analytics.com/collect?v=1&tid=UA-1234567-89&cid=12345.67890&t=pageview&dl=http%3A%2F%2Fwww.symmetric.co.jp%2F&sr=1920x1080

URLで指定されたパラメータにより、Googleアナリティクスには以下のページビューが発生したという情報が送信されます。
トラッキングID UA-1234567-89
クライアントID 12345.67890
ドキュメントURL http://www.symmetric.co.jp/
画面の解像度 1920×1080
収集された情報は、Googleアナリティクスの各種レポートに反映されます。

実は、gtag.jsもMeasurement Protocolを使って、ページビューやイベントを送信しています。

つまり、gtag.jsを使わなくとも、Googleアナリティクスにページビューやイベントなどを送信することができるわけです。

開封イベントを送信する

それでは本題です。
メールの開封をGoogleアナリティクスに送信するには、Measurement Protocolの計測URLが指定された<img>タグをメールに埋め込んでおきます。


具体的には、次のようなimgタグになります。

<img src="https://www.google-analytics.com/collect?v=1&tid=UA-1234567-89&cid=12345.67890&t=event&ec=email&ea=open&el=summersale" width="1" height="1">

各パラメータの意味は以下の通りです。

パラメータ説明
vMeasurement Protocolのバージョン。1固定
tidトラッキングID。UA-XXXXX-XX形式。
cidクライアントID。XXXXX.XXXXX形式。
ecイベントカテゴリ。emailなどの文字列。
eaイベントアクション。open固定。
elイベントラベル。メルマガIDなどを指定する。

クライアントIDには何をセットするか?

送信するパラメータのうち、値を決めかねるのがcid(クライアントID)でしょう。
gtag.jsの場合は、CookieにセットされたクライアントIDをcidとして使っていますが、この値を取ってきてHTMLメールに埋め込むのは難易度が高いです。

そもそも、メールの開封率を計測するためだけなら、何人のユーザーが開封したかが計測できればよいはず。
そう考えると、同一ユーザーが重複カウントされないよう、cidを決めれば十分そうです。

Cookieと同じクライアントIDを使うことは考えず、例えば乱数を使って生成するとか、メールアドレス毎に単純に連番を割り振って使うといった方法でも構わないでしょう。

開封数は目安程度に

以上、メルマガの開封測定方法を説明しました。

ただ、メール開封数はそれほど正確な値が得られるとは限らないことに注意が必要です。
たとえばOutlookやThunderbirdなどのメーラーの場合、標準設定では外部画像のダウンロードをしないので開封イベントが送信されず、メールを開封したとはみなされないのです。
開封数は目安程度で考えておき、リンククリック後のアクセス分析こそ、重点的に行うべきでしょう。

アナトミー」はメルマガからの流入分析にも対応しているアクセス解析ツールで、メルマガ内の各リンクのクリック数・直帰率などが1クリックで分かります。
解析ツールの1つとしてぜひ活用してみてください。
⇒アナトミーの機能を詳しくみる
https://siteanatomy.com/


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...