Anatomy

ANATOMY BLOG

マクロ視点のアクセス解析と品質管理ツール「ANATOMY(アナトミー)」のブログです

2017年6月21日水曜日

GoogleアナリティクスのURLを解析するとカスタムレポートよりも自由なレポートを作成できる



Googleアナリティクスのレポートを表示するとき、期間やセグメント・セカンダリディメンジョンなどさまざまな条件を指定します。
しかし、条件を少しずつ変更して様々なレポートを分析するときだったり、複数のビューを同一条件で絞り込んで横断的に調べるときには、同じセグメントやアドバンスフィルタを何度も指定することになってしまいますよね。

今回は、GoogleアナリティクスのパーマネントURLの仕組みを利用して、単純な作業を効率化する方法を紹介します。

GoogleアナリティクスのパーマネントURL

Googleアナリティクスでは、各種レポートを直接表示するためのパーマネントURLが決められています。
パーマネントURLには、レポートの種別に加えて、ビューや期間・セグメント・アドバンスフィルタなど様々な絞り込み条件を含めることができます。

まずは、GoogleアナリティクスのパーマネントURLの基本的な構文を説明します。

https://analytics.google.com/analytics/web/#report/レポート種別/ビュー/パラメータ/

上記のように、URLは「レポート種別を指定する部分」「ビューを指定する部分」「それ以外の条件を指定するパラメータ部分」の3か所に分かれています。

レポート種別

まず、レポート種別には表示したいレポートの名称を指定します。
たとえばこんな感じでレポート種別が決まっています。

レポートの場所
レポート種別
ユーザー⇒概要
visitors-overview
集客⇒参照元/メディア
trafficsources-all-traffic
行動⇒サイトコンテンツ⇒すべてのページ
content-pages
カスタム⇒カスタムレポート
my-reports

ビュー

「ビュー」部分は分析対象のビューを指定する部分で、次のような書式になっています。

a + アカウントID + w + 内部ウェブプロパティID + p + ビューID

アカウントIDは[管理]-[アカウント設定]ページで、ビューIDは[管理]-[ビュー設定]ページを見れば分かります。ですが、内部ウェブプロパティIDだけは、残念ながら管理画面から知る方法がありません(GoogleアナリティクスのManagement APIを使えば取得できますが)。

そこでビュー部分の文字列は、実際にGoogleアナリティクスで該当ビューを表示しているときのURLから抽出して利用します。
たとえば「すべてのウェブサイトのビュー」が以下URLとします。
https://analytics.google.com/analytics/web/#report/defaultid/a111111w222222p333333/

上記URLの場合は、a111111w222222p333333がビューを表す文字列です。

パラメータ

パラメータ部分の仕様は複雑なので、今回は期間とセグメントを指定する書式に絞って説明します。

期間のみを指定する場合
%3F_u.date00%3D + 開始日 + %26_u.date01%3D + 終了日

開始日と終了日を数字8桁で指定します。
たとえば、2017/5/1~2017/5/31までの1か月間を指定する場合は、%3F_u.date00%3D20170501%26_u.date01%3D20170531 のようになります。

システムセグメントのみを指定する場合
%3F_.useg%3Dbuiltin + セグメントID

以下、主なシステム組み込みのセグメントIDです。

セグメントID
セグメントの説明
1
全てのユーザー
2
新規ユーザー
3
リピーター
4
有料のトラフィック
5
自然検索トラフィック
14
モバイルのトラフィック
15
タブレットとデスクトップのトラフィック

たとえば、有料のトラフィックの場合、パラメータ部分の文字列は %3F_.useg%3Dbuiltin4 のようになります。

まとめ

以上のようにGoogleアナリティクスのURLの法則が分かれば、ブックマークするURLを決めたり、大量のレポートを表示するときに重宝すると思います。
たとえば、期間やセグメントを指定して表示したレポートを別のビューに切り替えて表示する場合には、「ビュー部分」のみを置き換えたURLにアクセスすればよいわけです。

ちなみに、マイレポートやリアルタイムレポートはURLの書式が少し異なりますが、ビュー部分やパラメータ部分は同じ仕様になっています。
ぜひ活用してみてください。

次回は、パーマネントURLの仕組みを利用した実例を紹介したいと思います。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...