Anatomy

ANATOMY BLOG

マクロ視点のアクセス解析と品質管理ツール「ANATOMY(アナトミー)」のブログです

2017年5月25日木曜日

実践!マクロ分析中継 | TOPページの直帰改善④&ブログの離脱改善①。

改善策実る。直帰率が70%⇒58%に。(5/18(木) 11:00)

東京ビックサイトにおける展示会「WebマーケティングEXPO(5/10-12)」も終わり、漸く前回の改善策を検証できる時がやってきました。


私「さて、今度はきっと改善しているといいね。どうだね?」
宮崎さん「はい、TOPページの直帰率は58%に下がりました!やっと改善の効果があったようです」
AN:ページ別の直帰率を表示
私「それは嬉しいね~。でも。数字だけで判断せずに施策が機能したのか、ちゃんと確かめることが必要だよ。」

山口君「はい。まず、画面の遷移先を確認すれば、アナトミーのバナー・上部に持ってきたニュース・新たなメニューなどから、万遍なく遷移していることが分かります。このことから、ユーザーの行先に応じた振り分けが期待通りできていると言えそうです」

左:リンク先と遷移数      右:遷移の多いリンクは赤~黄色でフレーム

宮崎さん「展示会に出たことで訪問者が2倍近く増えました。そのお陰で、ニーズの少ないリンクにも遷移することが分かったのは収穫に思います。」

私「58%という数字自体はもっと改善していく必要があるが、全体的に遷移させることができたようので、TOPページについては、これで暫く運用をすることにしよう!」

Blogで遷移を増やすには?

私「では、次の改善ターゲットを考えよう。みなさん、何か気になる点はありますか?」

宮崎さん「シンメトリックはブログがたくさんあり、特に公式ブログはよく集客しているのですが、そこから遷移することがほとんどありません。離脱率も非常に高く、なんとかならないでしょうか?」

AN:BLOGページからのリンクしているが、遷移がない

私「それは以前からの課題だね。流入のTOP10なのに直帰率がとても高いし、企業
HPや製品にはほとんど遷移してこないのだよ。」

山口君「リンクやバナーを張ったらどうですかね?」

宮崎さん「それなら、今でも結構あるわ。なんで、こんなに無視されるのかしら?ブログが良かったら企業とかに興味が湧くと思うけど...」

製品バナーはそれぞれ設置されている

山口君「う~ん。確かに自分もよくブログを見るけど、企業HPに行ったりはしないし、バナーなんか全く目に入らないなぁ」

宮崎さん「確かに、広告は無意識に無視しちゃうわ、私も。」

私「では、アナトミーで数字や画面を見て何か気付きますか?」

宮崎さん「定石通り離脱率にしてみると、2つだけそれほど高くないアイコンがあるわ。これはなんでかしら?」

AN:ページ毎の直帰率を表示

山口君「この2つは前編・後編のシリーズなので、それぞれが遷移し合っています。だから離脱率が少ないのでは?」

AN:青字は記事からの遷移数、赤字は内部的な遷移数

宮崎さん「更に、リピーターと新規のセグメントに分けるとリピーターの離脱率が大きく下がっていることが分かります。」

AN:ユーザーセグメント別に離脱率を表示

山口君「なるほど。興味のある関連記事がブログへの再訪を促しているんですね」

私「関連記事をリンクするなんて、当たり前のことだねぇ。でも、書くことばかりに気を取られていると、なかなか気付かないものだね」

改善案:関連する記事をリンクさせる

私「公式ブログは、技術記事が主体だけど、テーマがバラバラなんだよね」

宮崎さん「全体というより、いつも人気の記事について、個別に強い関連記事を探して対応するなら可能だと思います。」

山口君「現在のブログTOP10に”前編”だけ入っている”OutOfMemory”に関する記事があります。後編へ遷移するリンクは、なんと存在しません!」


後編の画面キャプチャー フッター付近

私「これでは、次に行きようがないね...。」

宮崎さん「その前編も含めて連なる記事を見つけて相互リンクし、アナトミーに登録したいと思います」

私「OK! それでは、早速かかってください。ついでに、クリックされることの無いフッター類は綺麗に無くして、今回の推奨記事を分かり易く見せるようにしてください」

 改善完了:すっきり&クリアなお薦めリンク(5/15(月)18:00)

山口君「修正完了しました。上位のコンテンツに関連の深いブログを探し出して、お薦め項目としました。無用なリンク群も削除して、ユーザーが迷わないようにしています。」

宮崎さん「新たなリンクさせたブログもアナトミーの取得リストに追加しています。いままではページビューが低すぎて選択されていませんでしたから。」

新しいフッター

私「なるほど。”OutOfMemory”の記事は完結編まであったのだな。これらは、2008年の記事だから8年前か。そんな前のコンテンツが活用されるなら凄いことだぞ!ではいつもながら、一週間公開した後の5/31付のアナトミーで結果を検証してみることにしよう。」

宮崎さん、山口君「わかりました!」

引き続き、改善施策の検証を続けます。
次回の記事をお楽しみに。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...