Anatomy

ANATOMY BLOG

マクロ視点のアクセス解析と品質管理ツール「ANATOMY(アナトミー)」のブログです

2017年3月15日水曜日

【機能追加と改善のお知らせ】様々なアクセスデータを素早く確認することができる「ダッシュボード」がリニューアルされました

アナトミーの機能追加と改善を行いました。
ユーザー様のご意見を得て、便利な機能もいくつか追加されました!


主な追加機能・変更点をご紹介します。
  • ダッシュボードがリニューアルされ、様々なデータをより簡単に確認することができるようになりました
  • サイト管理画面がリニューアルされました
  • リソースなどのエラー度合いが視覚的に表示されるようになりました
  • リソースなどにエラーが出ている全ページアイコンがワンクリックでハイライト表示されます
  • その他

ダッシュボードがリニューアルされ、様々なデータをより簡単に確認することができるようになりました



アナトミーが起動した際に開かれる「ダッシュボード」がリニューアルされました。
左カラムにGoogle Analyticsの集計結果、右カラムにAnatomyでの集計結果が表示され、アクセスデータのサマリーとその推移、ページ品質などのWebサイト運用・改善に必要な情報を素早く確認することが可能になりました。

アナトミーのUIに慣れていない方への情報共有や、データレポートとして提出するときなどにご活用いただけます。

サイト管理画面がリニューアルされました


ユーザーの招待や登録URLの管理ができる「サイト管理画面」をリニューアルしました。
左サイドにメニューを設置し、アナトミーに関する設定が見やすく、簡単にできるようになりました。



ぜひご活用ください!

リソースなどのエラー度合いが視覚的に表示されるようになりました


リソースなどにエラーが出ているページアイコン上に、エラーの度合いを表す品質バーが表示されるようになりました。







赤と黄色のエンゲージは幅の広さで検知数を表しており、赤は「重大」、黄色は「警告」を示しています。
詳しいエラー情報は全景ビュー右側に表示される「品質」タブにてご確認いただけます。











リソースなどにエラーが出ている全ページアイコンが、ワンクリックでハイライト表示されます

「品質」タブで各項目をクリックすると、対象のエラーが出ているページアコンがハイライト表示されます。


















上図では、「JavaScriptエラー」という項目をクリックすると、エラーが出ているページアイコンがオレンジ色で表示されました。

こうすればどのページを改善していけばよいか一目瞭然ですね!

ちなみに、この状態から並び替えもできますので、改善の優先順位を付ける目安にもなりますね。
他のデータとの関係性を発見し、よりマクロ視点での分析が可能になります。



その他の追加機能・変更点

・ページアイコン上に表示される分析データと品質データの切替が可能になりました



・登録ページの最終更新日時を一覧で見ることが可能になりました


















・ページの長さを一覧で表示することが可能になりました



・各UIを変更しました



■□■ 各機能の詳細はリファレンスをご確認ください ■□■
https://siteanatomy.com/help/reference/
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...