Anatomy

ANATOMY BLOG

マクロ視点のアクセス解析と品質管理ツール「ANATOMY(アナトミー)」のブログです

2016年9月30日金曜日

ダッシュボード機能などが新しく追加されました。

本日アナトミーのバージョンアップを行いました。
そこで新たに追加された機能をご紹介します。 
大きく分けて以下の6つの機能が増えました。
  • ダッシュボード機能
  • グループ表示順 入れ替え機能
  • グループ表示/非表示 切り替え機能
  • グループ別集計機能
  • ページソート機能
  • ページカーソル移動機能

2016年9月26日月曜日

【課題の発見】改善効果の高いページや導線を見つける

改善のインパクトが大きいページはページビュー数(PV数)・流入数の多いページや導線です。

流量の大きいページからのリンク先とその遷移数を追いながら、ユーザーがより多く移動してくるページ・導線を見つけます。 重要なことは、流量の大きいページがどのページにリンクしているかという静的な導線だけでなく、実際にどれだけのユーザーが移動しているかという導線の実績に着目して、その流れを掴むことです。

アナトミーを使うと全景ビュー上で簡単に流れを掴むことができます。

2016年9月21日水曜日

【D3.js講座】D3.jsを使用した図形の描画

AnatomyではD3.jsを使用しsvgタグでタイルを描画しています。
データごとに属性の値を変更する処理は複雑ですが、D3.jsを使用すると
比較的簡単に描画できます。

2016年9月15日木曜日

【Googleアナリティクス】複数ドメインで正確な参照元を取得するには?

Googleアナリティクスで1つのドメインの分析を行うのはそれほど難しくありません。しかし、複数ドメインの統合的な分析を行おうとすると何かと設定が必要となり、途端に難易度がアップします。

複数ドメインの該当する例を言えば、プロモーションサイトがECサイトと別ドメインになっているとか、製品サイトとブログが別ドメインになっているとか、歴史的経緯で複数ドメインで構成されているとかいろいろあると思います。

今回は、複数ドメインで統合的な分析を行う手法をお知らせします。

2016年9月14日水曜日

2016年9月12日月曜日

新機能を追加しました

アナトミーに「ページ並べ替え」機能が追加されました。 
従来のバージョンでは、ページ(クローンアイコン)はURLを基準とした並べ替えを行っていましたが、今回のバージョンアップによりページの順序を自由に変更できるようになりました。

2016年9月9日金曜日

【リンク解析】ランディング後の経路を確認し、サイトの特性を把握する

アナトミーを使うと、ユーザーの動線となっているリンクを視覚的に把握することができます。

自社ページにあるリンクのうち、どのリンクがユーザーの動線になっているか把握することは重要です。例えば製品ページのリンクで、ユーザーはどのリンクをクリックして自社ページを周回しているのかを把握し、ユーザーが閲覧しやすいページへの改善策を考えましょう。

2016年9月2日金曜日

【Googleアナリティクス】フィルタの条件式でORを使用するための正規表現


Googleアナリティクスで表示されたレポートを絞り込むときは、フィルタを使います。しかし、フィルタ入力欄には「AND」の表記しかなく、「OR」の表記がありません。

レポートのフィルタにはAND条件を指定するのが基本となっています。それではOR条件は指定できないのでしょうか?