Anatomy

2016年12月21日水曜日

【Googleアナリティクス】タグ導入後にアクセス数が集計されない!チェックすべき厳選4項目まとめ

Googleアナリティクスを導入したのに、なぜかページビューがずっと0のままで計測されないことがあります。
Googleタグマネージャを利用していると複雑になりがちで、原因究明に時間がかかることも。
このような場合、まずはクライアント側・タグマネージャ側・Googleアナリティクス側をチェックし、問題の切り分けから始めることをお勧めします。





1.トラッキングコードが正しく挿入されているか?


タグマネージャ未使用の場合


HTMLソースにGoogleアナリティクスのトラッキングコードが埋め込まれているかを確認します。
Googleアナリティクスのトラッキングコード(基本形)は以下の通りです。


<script>
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

  ga('create', 'UA-XXXXXX-X', 'auto');
  ga('send', 'pageview');
</script>

なお、UA-XXXXXX-X部分(トラッキングID)はサイトによって異なります。
以下の手順に従い、トラッキングIDを含む正しいトラッキングコードを確認します。


  1. Googleアナリティクスにログインし、[管理]をクリックします。
  2. 対象のプロパティを選択し、[トラッキング情報]⇒[トラッキングコード]を選択します。
  3. ウェブサイトのトラッキングにあるテキストボックスがトラッキングコードです。




Googleタグマネージャを使用している場合


Googleタグマネージャを利用している場合は、タグマネージャのトラッキングコードがHTMLソースに存在するかを確認します。

<!-- Google Tag Manager -->
<script>(function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start':
new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0],
j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src=
'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f);
})(window,document,'script','dataLayer','GTM-XXXXXX');</script>
<!-- End Google Tag Manager -->

<!-- Google Tag Manager (noscript) -->
<noscript><iframe src="https://www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-XXXXXX"
height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe></noscript>
<!-- End Google Tag Manager (noscript) -->

GTM-XXXXXX部分はサイトによって異なります。
正しい値は以下の手順に従い、Googleタグマネージャの管理画面で確認してください。

  1. Googleタグマネージャにログインします。
  2. [管理]タブをクリックします。
  3. アカウント⇒コンテナの順に選択し、[Googleタグマネージャをインストール]を選択します。
  4. トラッキングコードが表示されます。



2.JavaScriptエラーが発生していないか?


トラッキングコードの挿入位置が誤っている場合、Googleアナリティクスのトラッキングが行われません。
JavaScriptコードの実行エラーが発生していないかを確認します。

以下はChromeでの確認方法です。

  1. Chromeで該当ページを開きます。
  2. F12キー(もしくは[その他のツール]-[デベロッパー ツール])でデベロッパーツールを起動します。
  3. [Console]タブをクリックし、エラーメッセージが出力されていないかを確認します。


3.タグマネージャでタグが追加されているか?


Googleタグマネージャを使用している場合のみに必要なチェック項目です。

タグマネージャは動的にタグを追加するので、Googleアナリティクスのタグが正しく追加されているかどうかはHTMLソースをチェックしても分かりません。
Googleタグマネージャのプレビュー機能を利用し、タグマネージャが動的に追加したタグの内容を確認する必要があります。

  1. Googleタグマネージャにログインします。
  2. アカウント⇒コンテナの順に選択します。
  3. [公開]ボタンの右隣にある下矢印をクリックし、[プレビュー]ボタンをクリックします。
  4. 同じブラウザで新しいタブを開き、対象のページを開きます。
  5. 画面下部に次のようなウィンドウが表示されます。左側のメニューで[Page View]を選択すると、[Tags Fired On This Event]の下に生成されたタグ(Universal Analytics)が表示されます。





タグ部分をクリックすると、トラッキングID(Account部分)などの詳細を確認できます。



上記の手順5でUniversal Analyticsタグ自体が表示されていない場合は、Googleタグマネージャでタグが登録されているかどうか、また配信トリガーが「All Pages」かどうかを確認します。
また、タグが追加されているもののトラッキングIDの値に誤りがある場合は、Googleタグマネージャの管理画面でタグの設定を変更します。

なお、Googleタグマネージャのプレビューモードは、Googleタグマネージャ管理画面に戻ると停止できます。


4.Googleアナリティクスのフィルタ設定で除外されていないか?


ここまでの確認作業がクリアできれば、あとはGoogleアナリティクス側のみです。

Googleアナリティクスのレポートタブで[リアルタイム]-[コンテンツ]を開いた状態で、対象のページにアクセスしてみます。
アクティブユーザーやページビュー数にデータが表示されれば、Googleアナリティクス側には正しくデータが記録されています。



この時、ページビュー数やアクティブユーザー数が0であれば、あとはビューに設定されたフィルタによってアクセス除外されている可能性があります。

ビューフィルタを無効にするか、フィルタが存在しないビューに切り替えて再度試してみましょう。
なお、ビューに設定されているフィルタの内容は、[管理]タブでアカウント⇒プロパティ⇒ビューの順に選択し、[フィルタ]をクリックすると確認できます。


まとめ


複数のプロパティを管理している場合は、トラッキングIDを取り違えたりしやすいです。
タグマネージャを利用している場合はなおさら。トラッキングされなくなったら、この手順に従って一つ一つ設定をチェックしてみてください。


参考

0 件のコメント:

コメントを投稿