Anatomy

ANATOMY BLOG

マクロ視点のアクセス解析と品質管理ツール「ANATOMY(アナトミー)」のブログです

2016年8月29日月曜日

【シミュレーション機能】改善施策がサイト全体に与える影響を推察する

シミュレーション機能は、各ページの流入数が変動した場合に、ページビュー数がどのように変動するのかを予想します。

流入数の増加がどのページのPVに影響するかを予想する

自社サイトのランディングページに仮の流入数を設定すると、流入したユーザーが自社サイトを周回して増やすページビュー数を予測計算します。この予測計算により、例えばリスティング広告やSNSでWebサイトへ集客する際に、どのランディングページへ誘導すれば効果的かが判断できます。

また、アイコンの色が濃い箇所はユーザーが多く周回すると予測されたページを示しています。1つ1つの細かな数値を追わずとも、ユーザーの動線を一目で俯瞰的に確認することができます。

リンクの構造とアクセスデータ実績に基づいてユーザー動線をシミュレート

ページビュー数は、リンクの構造とアクセスデータ実績に基づいたシミュレーション(特許申請中)により算出されます。ページから移動している実際のページビュー数が、リンクページへどのように割り振られているのかというデータをもとにシミュレートしています。シミュレート後の数値と実際の数値との差異は「傾向」という項目で確認し、シミュレートの精度を判断することもできます。

0 件のコメント:

コメントを投稿