Anatomy

2016年5月26日木曜日

WEBサイトを丸ごとアーカイブできるサービスSiteClone Archiveの紹介

今月リリースされたサービス「SiteClone Archive」は動的・静的関係なくWEBサイトを保存して、いつでも・いつまでも見れるようになるサービスです。

以前の記事にもありましたが、これまでのサイトクローンの技術をそのまま利用しており、動的なWEBサイトを静的に保存する事やJavaScriptの完全再現、Ajax等も動作します。


リンクや画像パスもそのまま使用できるので、基本的になにも編集する事なくリンクの繋がるWEBサイトアーカイブが作成できます。仮にパラメータが付いている動的なURLであったとしてもそのままで大丈夫です。
PDF等のリンクも一度アクセスし、クローンで取っておけばそのまま使用できます。

また、サイトクローンと同じく、クローンしたコンテンツは編集可能なので、静的にするにあたってトップページに独自のコンテンツを追加したい!一部リンクを書き換えて独自のページを足したい等の場合でも手軽に変更する事ができます。

絶対URLで記述されているようなコンテンツでも、SiteClone ArchiveでURLを書き換えることもできるので、いつの間にか外部ホストに遷移してしまうという事はありません。

WEBサイトの完全なスナップショットをとりたい場合は、SiteClone Archiveをご検討ください。

SiteClone Archive
https://www.site-clone.com/webarchive/

0 件のコメント:

コメントを投稿