Anatomy

2016年6月7日火曜日

Webサイトを俯瞰する【サイトクローン アナトミー】モニター利用スタート!

5月の展示会で発表して大きな反響を頂いたサイトクローンアナトミー(以下、アナトミー)ですが、この度一部ユーザにおいてモニター利用が始まりました。モニター利用は順次拡大し、本サービスに展開していく予定です。使ってみたい!という企業様は弊社までご連絡下さい。

とはいえ、まだ無名なアナトミーなので、少しづつ紹介していこうと思います。では、アナトミーとは何か?


アナトミーはサイトの情報を統合して可視化するサイト分析サービスです。次のような特徴を有しています。

  • 分析対象の全ページの変更状況を一度に見せます
  • 全ページのデザインをキャプチャーで即時に確認できます
  • 全ページのアクセスデータを一度に見せます
  • 全ページ間のリンク状況を確認できます

アナトミーのコンセプトは、「全ページの俯瞰性」にあります。俯瞰性には2つの側面があります。

1つは、「分析領域及び周辺ページを全ページ漏らさず」という範囲の網羅性と詳細度です。もう1つは、「変更情報、デザイン、アクセスデータ、ハイパーリンク」というデータの網羅性及び関連性です。

アナトミーは、次のような画面で、その俯瞰性を実現しています。アナトミーでは、この画面を「全景ビュー」と呼びます。

サイトクローンアナトミーの画面

全景ビューでは、大きな左ペインにページURLに紐づいたアイコンを配し、選択されたアイコンの画面キャプチャーが右ペインに表示されます。様々な操作をすることでアイコンや右ペインは様々な情報を表示できます。全景ビューは300程度の画面を一度に把握することができます。

アナトミーの詳しい利用法について、次回から伝えていきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿