Anatomy

ANATOMY BLOG

マクロ視点のアクセス解析と品質管理ツール「ANATOMY(アナトミー)」のブログです

2016年6月15日水曜日

アナトミーはWebサイトを再発見、より良く理解できるツール

アナトミーを利用すると、よく知っているWebサイトが更によく見えるようになります。アナトミーは、自社サイトの再発見をするツールと言うことができます。

ある特定サービスのWebサイトであっても、次のように様々な要素によって構成されています。

  • サービスや商品そのもののページ
  • サービスのプロモーションや企画などの付随ページ
  • ショップなどの購入ページ
  • Adwordsやバナー広告や記事広告
  • ブログなど自社メディアページ
  • facebookやTwitterなどのSNS
  • Google検索
  • 企業情報や法的に必要なページ



訪問者は、これらWebページをあらゆる方向から横断的にアクセスしますが、その姿を想像することは困難です。アナトミーであれば、どのページが繋がっているのか、どこにリンクがあるかをキャプチャー画面を見ながら次々に辿ることができるので、様々な実ルートを疑似体験することができます。

更に、以下のようなアナリティクスのアクセスデータによって、そのルートをどれくらいのユーザーが通過したのか情報を与えてくれます。

・そのページのアクセス数
・アクセス数のうち、内部被リンクからの実アクセス数
・そのページから、内部リンクを踏んで出ていったアクセス数

単に存在するリンクを辿るのではなく、実アクセスと紐づいた追跡によって、リンクの有用性を知り、ページデザインの改善を考察できるようになります。

Webページを数多く辿ることで、サイトのページ数の多寡やデザインの統一感、似たようなページがどれだけあるのか、PVやUUがどのように分布しているのか、ページ間リンクの強弱や、ページごとの容量など、個別には掴んでいても全体感としては曖昧なことを知ることができるようになります。

このようにアナトミーは、サイトを俯瞰しサイトについて深い理解を助けるサービスなのです。次回は、サイトの変化を把握する方法を伝えます。

2016年6月7日火曜日

Webサイトを俯瞰する【サイトクローン アナトミー】モニター利用スタート!

5月の展示会で発表して大きな反響を頂いたサイトクローンアナトミー(以下、アナトミー)ですが、この度一部ユーザにおいてモニター利用が始まりました。モニター利用は順次拡大し、本サービスに展開していく予定です。使ってみたい!という企業様は弊社までご連絡下さい。

とはいえ、まだ無名なアナトミーなので、少しづつ紹介していこうと思います。では、アナトミーとは何か?