Anatomy

ANATOMY BLOG

マクロ視点のアクセス解析と品質管理ツール「ANATOMY(アナトミー)」のブログです

2015年11月20日金曜日

会員制サイトを複数アカウントで自動テストする方法

ログインを必要とするWebサイトでは、ログインしたユーザーのプロフィールやロールによって、表示内容を切り替えることがよくあります。

このような会員制サイトのテストを行う場合、ユーザーAでログインして該当ページを閲覧し、ログアウトした後に今度はユーザーBでログインして該当ページを閲覧し・・・という作業を延々と繰り返すことになります。

今回は、会員制サイトのログイン・ページ閲覧作業を自動化してみたいと思います。



対象サイト


弊社で運用している「ラウンドアバウト デベロッパー コネクション」では、ログインしたユーザーのロールに合わせたコンテンツを配信しています。具体的にはダウンロードページに表示される内容がログインしたユーザーにより異なります。
そこで、「ラウンドアバウト デベロッパー コネクション」を対象として、複数アカウントを使用したページ閲覧作業の自動化をしてみましょう。

ログインからログアウトまでの遷移をクローン

まずサイトクローンをCloneモードに設定します。TOPページからユーザー"sctestuser1"でログインし、ダウンロードページに進みます(ブラウザを通常通り操作する)。


ユーザーsctestuser1のダウンロードページ


ログアウトした後、次はユーザー"sctestuser2"でログインし、ダウンロードページに進みます。

ユーザーsctestuser2のダウンロードページ

これで自動化の準備ができました。

ログインからログアウトまでを自動実行

オートパイロットボタンを押すと、ログインからログアウトまでの一覧の画面遷移を一気に行うことができます。また、自動ログイン後のダウンロードページを見ると、最初にブラウザ操作を行った時と同じ画面が表示されていることが分かります。
sctestuser1で自動ログインした後のダウンロードページ
sctestuser2で自動ログインした後のダウンロードページ

まとめ

会員制サイトではさまざまなアカウントでログインしてテストすることが避けられません。サイトクローンを使って、定型的な作業の自動化にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...