Anatomy

ANATOMY BLOG

マクロ視点のアクセス解析と品質管理ツール「ANATOMY(アナトミー)」のブログです

2015年9月8日火曜日

リクエスト&レスポンスヘッダ、パラメータ、レスポンスボディの全てを記録するには?

Webサイトを構築しテストをしている段階でよくある事の1つとして、エラーが発生した時のリクエスト情報(リクエストヘッダ、URL、セッションID、パラメータ)を知りたいけど、ブラウザのdevツール等のデバッガを開いていなかった。ログが多すぎて追えない。ログが流れた等という事があるかと思います。

自分自身もよく「あ、変な動きした!ネットワークログ記録してもう一回やってみよう・・・。再現しない!」という事はよくあります。
特にほとんど上手く行っていて、とある一部のケースだけ上手く行かなかった時のように突発的に発生した時は再現するための情報を集めるのが大変ですよね。

サイトクローンでは、事前にクローンモードに設定しておき、普段通りテストをするだけでバックグラウンドで全ての情報が記録されています。
先のような突発的なエラーが起きた場合でも、全てのリクエスト・レスポンス情報を記録しているので、それまでの遷移を含め、どのようなパラメータを送っていたのか。
遷移途中のどこでパラメータが欠けたのかがいつでもトレースする事ができます。




以下はサイトクローンで表示させたリクエスト情報の一部です。




実際にはPOST時のパラメータや、レスポンスヘッダ。ヘッダ情報以外もタイトルタグの中身や、ページで使用している文字コード、ファイルサイズ等細かいですがあると便利な情報が表示されます。


バックグラウンドで動作しているので、フロントには影響を与えず、サイトクローンサイドバーも非表示にしておけば気にならないので、テスト時は常にONにしておくと、いちいち入力情報を記録する事なく、うっかり防止だけではなくテスト効率も上がると思います。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...